マクドナルドのハッピーセットは大人も夢中!

マクドナルドのハッピーセット、今年で30周年だそうですね。

そんなに昔からあったのかと驚くと同時に、お値段が昔に比べてかなり上がったなぁとしみじみ思ってしまいます。

私がよくハッピーセットを購入していたのは大学時代でしょうか。地元駅にマクドナルドがなかったこともあり、マクドナルド自体をほとんど利用したことがなかったので、それまであまり行ったことがなかった分、大げさかもしれませんが、憧れっぽい気持ちもあって、大学時代に利用することが多かったように思います。

また、ノーマルなハンバーガーが好きだったこと、ポテトのサイズはSでよかったこともあり、オトクなハッピーセットをよく購入していました。

もう十何年も前の話にはなりますが、当時はハッピーセットが400円ほどで、クーポンを使うと350円だか300円だかになり、お財布にかなり優しかったように記憶しています。当時は、カフェオレもプラス料金なしで選べました。

これは既製品のカフェオレでしたが、そのあま~い既製品の味が好きだったんですよね。今のカフェオレは店舗で入れたものなので、高級嗜好になったというか、大人向きになったなぁと思います。昔の、子どもでも飲みやすいカフェオレが懐かしいです。

そんな昔話はともかく、ハッピーセットのお値段は上がりましたが、それと比例して(?)、おもちゃがちょっとイイモノになっているような気もします。そして、そんなおもちゃにつられて、子どもはもちろん、大人もつい買ってしまうことがあるんですよね。

少し前には、プラレールやリカちゃん人形のおもちゃがついてくるということで、子どもがリカちゃん人形を欲しがったために買いに行きました。

そして残念ながら希望の人形が出なかったために何度か購入するはめになり、そのうち大人がついつい全種類そろえたいと思わされてしまい、さらに買うことになってしまったりと、ハッピーセット、なかなかクセモノです。

そして今のハッピーセットのおもちゃは「オリジナルパーティーゲーム」。マクドナルド版「人生ゲーム」や「モノポリー」など、子どもよりはむしろ大人の方が興味を持ちそうな内容となっています。

そして、きっちりその戦略に引っかかり、何度かハッピーセットを購入にいった私や旦那がいるわけです。

わが家では最後には結局、「マクドナルド クルー人生ゲーム」、「マクドナルド フィンガーツイスター」、「ドナルド危機一髪」、「マクドナルドモノポリー」の4種類のおもちゃがそろっていました。夫婦そろってマクドナルドの戦略にまんまと引っかかりすぎです。

今回は、マクドナルド版のそれらのゲームが通常版のゲームと比べてどんな感じであったか、少しご紹介したいと思います。

マクドナルド クルー人生ゲーム


みなさんは「人生ゲーム」を遊んだことはありますか。

あまりに有名なこのゲーム、知らない人はいないと思いますのでゲームの詳細は省きますが、ざっくり説明をすると、サイコロの代わりにボードの真ん中にあるルーレットを回し、その数字分だけコマを進めていくすごろくです。

いろんなバージョンが出ていますが、途中で就職したり、結婚したり、子どもができたり、家を買ったり。そして、最後には億万長者になれるか、もしくは借金まみれの生活になるのか……波乱万丈の人生を楽しむすごろくゲームですね。大勢でやると、かなり盛り上がるゲームだと思います。

そんな「人生ゲーム」のマクドナルド版。すごーく興味がありました。

うちの子どもは4歳。まだ人生ゲームで遊ぶにはちょっと早い年齢です。でも、これは大人が興味を持ってしまったんです。今回のハッピーセットは、ゲームの形状がバラバラであることもあり、おもちゃを覆面にすることができないためか、ランダムでもらうのではなく、自分で指定することができました。これはもう、買うしかありませんよね!?

そんなわけで手に入れた「マクドナルド クルー人生ゲーム」。マクドナルドの新人クルー(アルバイト)となり、色々な経験をしながらゴールを目指す、というものでした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。