家庭菜園でフレッシュな野菜が手軽に入手

「家庭菜園」、やっていますか? もしくは、やったことがありますか?

やったことがなければ、少し尻込みしてしまうかもしれません。でも、手がかかるのは最初の準備だけ。一度手を出してみると、その手軽さ、そして野菜の新鮮さ、お得さにやみつきになってしまうこと間違いなし!

私自身、「家庭菜園」という言葉にあこがれはありましたが、面倒そうだし、マンション住まいでベランダの限られたスペースしかないし……と諦めていました。でも旦那が、少しだけ使えるようにハーブを育てたい、とホームセンターで必要なものをいろいろ買ってきて植え出し、せっかくだから子どもに植えさせてみようと、花の種なども購入して来ました。

そうなると、家の財布を預かる身としては、「え。植えるの、花なの? どうせやるなら、食べられるものにしてよ!」となったわけです。

ハーブを育てるのであれば、まあ買うとそれなりのお値段はしますし、一瓶(一袋?)買ってもそんなに一気に使うようなものではないですしね。実際にこれまで買ったことのあるハーブ類は、いつも使いきれずに賞味期限をむかえてしまい、もったいないなぁと思っていました。

ですので、もしそれが鉢に植わっているのであれば、その分新鮮で長持ちもしますし、摘んでしまってドライハーブにして保存するという手もあるので、ありかと思ったんです。

でも、お花! 確かに咲いたら綺麗ですし、自分で育てて花が咲く、というのは子どもの情操教育に良い影響を与えるのではないかとは思います。でもね、わが家には花瓶もなければ、飾るところもないんです。

そして、鉢を置いているのは、寝室からしか見えないような、普段あまり目につかないベランダ。ひっそりと咲いて、ひっそりと散っていくのは想像に難くありません。

それなら、何か食べられる野菜にしてほしい。

子どもにも少し手伝ってもらったりなんかして、自分でお水をあげて育てて収穫した野菜だったら、嫌いな野菜も美味しく食べてくれると思いませんか?

それに、収穫できている間は家計にも優しい。どれくらい採れるかは育ててみないとわかりませんが、とにかく植えるなら野菜がいい!と旦那に強く推しました。

その結果、翌年には何を植えたいか事前に希望を聞いてくれ、今、わが家のベランダは美味しそうな葉物野菜が青々と繁っています。そして、葉物野菜はお店で買おうとすると結構高いので、かなり家計に助かっています。管理も思った以上に簡単!

実際に自宅のベランダでやってみて、そのお手軽さからぜひともオススメしたいと思った「家庭菜園」。その方法とともに、わが家で育てた野菜などについてもご紹介してみたいと思います。

野菜作りに必要なもの

家庭菜園の準備は旦那がしてくれたので、必要なものや気をつけたことなどについて、聞いたことをまとめてみました。細かい解説をしているサイトもたくさんありますが、ここではすぐ始めるために必要なものだけ紹介します。

もちろん、いいものをたくさん作るには色々な知識や技術が必要ですが、最低限の用具と手間だけでも、十分美味しい野菜が食べられるんです。

日の当たる場所

ものではありませんが、やはりこれは大事です。日が当たらなくても育つ野菜や、あまり日を当ててはいけない野菜もありますが、大半の野菜は日当たりがいいに越したことはありません。

わが家のベランダもそれなりに日当たりはよいのですが、一番日当たりの良い場所は洗濯物を干すために使うので、そこを避けてベランダの隅にプランターを置いています。ただ、ベランダの隅にはしっかりした外壁がついているので、床に置いたのだと日が当たりません。

そのため、壁より少し低い程度の木製の台を置いて、その上で野菜を育てています。エアコンの室外機の上をまたぐように台を置くなど、洗濯物を干さないスペースを有効活用できていると思います。

ちなみにその木製の台は、日曜大工好きな旦那がホームセンターで台を作るキットを買ってきて自作していました。キットを使えば場所に合わせてちょうどよいサイズを作れるのがいいとのことですが、既製品でも色々なサイズが売られているので、わざわざ自作までしなくても、そういったものを買ってくるのでも十分だとは思います。

プランター

場所の確保ができたら、次はプランターです。ホームセンターなどで大小さまざまなものが売られています。育てたい植物に合ったものを買うのがベストではありますが、特に決まっていないなら、なるべく大きめのものを買うのがおススメだそうです。というのも、大きいプランターの方が管理は楽なんだとか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。