ニトリの加湿器を購入!その実力と感想

冬の乾燥シーズンが到来しました。
この冬は例年より寒いらしいです。

我が家はエアコンではなくガスヒーターを使用しているのですが、とにかく乾燥がすごいそうです。

お風呂には入浴剤を入れたり、肌は入浴後に保湿…をしているのですが、最近朝に喉が痛い…と訴える子供達…。風邪という程ではありませんが、冬というだけで鼻つまり等を起こすので、口呼吸の時間が増えてしまうようです。

昨年は洗濯物をいくつか部屋干しして…なんていう対策をとっていましたが、今年は加湿器を!と思っていたので、お手頃なものを探していました。

そしてふと立ち寄った「ニトリ」で加湿器を購入しました。

少し割引で販売されていたというのも理由ですが、使い方も簡単でアロマも使用できるというのも決めてでした。加湿器と言えばたくさんあるかと思いますが、今回「ニトリ」の加湿器について簡単にレビュしていきたいと思います。

「ニトリの加湿器」そのデザインや価格

「ニトリの加湿器」といっても、その種類もいくつかあります。その中で、私は「吹き出し口が熱くならない超音波加湿器」を購入しました。

デザインは最近よく見かける涙型の形のコロンと可愛らしい加湿器です。重量は700gで幅16センチ、奥行17センチ、高さは24センチと本当にコンパクトタイプですが、6畳程の加湿が可能です。

我が家は鉄筋のマンションで、キッチン含め16畳のリビングですが、置くスペースもないので、これくらいで家族が集まるテレビ周りのリビングだけでも加湿出来たら…と思い購入しました。

価格は3695円(税抜き)ですが、今回ホワイトだけ2990円(税抜き)と値引きされていたので、即決してきました。

また、カラーはホワイトの他に、木目調のナチュラルとダークブラウンがあります。

「ニトリの加湿器」の使い方

「ニトリの加湿器」の使い方はとても簡単です。上の吹き出しノズルを取り、タンクも取り外し、タンクをひっくり返してタンクキャップを取り外し、水を入れキャップをしっかり締めて本体にセットするだけ。後はスイッチONで蒸気が出てきます。

でもここで注意!タンクをセットしたらもうタンクを持ち上げないこと!セットしたらすぐにタンク内の水がタンクキャップから本体に給水され始めます。

こちらが給水が必要になって取り外した際の本体の様子…(蒸気にするためにタンクから本体に水が給水されています)。このように、タンクを本体に付けた時点で本体に水が供給される構造なので、安易に持ち上げると「ダバダバダバ~」と水がこぼれてしまいます。

本体の水がかかってはいけない部分に水が入ると故障の原因になりかねないので、よく確認してから本体にセットするようにしましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。