双子あるあるブログ|妊娠発覚から安定期

皆さんの周りには双子ちゃんはいますか?

我が家には今月で2歳になる双子がいます。
その上には8歳と5歳の姉妹が。

普通に三人目授かったー!と喜んでいたら双子だった、そこからものすごい壮絶な日々が現在進行形で続いています。

三度目の妊娠で、分からないことだらけ。情報の少ない双子の妊娠生活を、少し振り返ってみようと思います。お腹に双子ちゃんのいる誰かの参考になればいいな。

長くなるので、まずは妊娠発覚から初期まで。

妊娠発覚

先述した通り、元々我が家にはお姉ちゃんが二人いました。そして主人は男の子を切望しておりました。なのでまあラストチャンスってことで、と、産み分けにチャレンジしたのです。

リンカルという錠剤を食べながら、基礎体温をつけ、排卵検査薬を使い、タイミング法で、と完全に「授かった」ではなく「作った」方法で三度目の妊娠に漕ぎつけました。

さらっと書きましたが根がずぼらな私に上記のやり方は割とストレスで、それだけやってやるから今回は無痛分娩してやる!という謎の意気込みの元、市内で唯一無痛分娩を行っている産院に、生理予定日にフライング検査で陽性が出た直後に予約を入れました。

その産院は無痛分娩も計画分娩が出来て、新しい病院なのでキレイで、マタニティヨガやマタニティベリーダンスが出来て、産後のごはんがおいしくて、完全予約制のため待ち時間は必ず10分以内、という超人気病院で、妊娠6週にもなるともう分娩予約が取れないんです。

実際私は予約したのが早かったのでセーフでしたが、5週で初診受けたときはもう予定日の分娩は締め切っていました。

転院へ

その初診日の5週の際、もうつわりが始まっていました。

上二人もつわりはありましたがせいぜい6週からだったので、今回は早いなあ男の子だからかな?とのんきに構えていたのですが、一日一日と症状は重くなり、5週後半には起き上がれなくなり…水を飲んでも吐いてしまうので脱水を起こしてしまって慌てて夜中に産院で点滴をしてもらいました。

まず口にしたもの全て吐いてしまうつわりというのが、三度目にして初。これが今思えばおかしかったんでしょうけど、当時の私はすべて「きっと男の子だからだー」で済ませていました。

そして6週に入って二度目の診察で、双子が発覚。

黒い影の中に並ぶ丸っこいのが、本来一つであるはずの胎児です。

「双子ですね。」と、まったくもって想定してない宣言をされた私の第一声は「はぁ?」でした。

周りに双子がいなかった私には、双子は遺伝か不妊治療で授かるものだと思っていたんです。知ってる限り親戚に双子もいないし、産み分けはしたけど不妊治療はしてないし、双子なんて想定外も良いとこ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。