最遊記を読んでファンになろう!

デザートバイキングで有名なスイーツパラダイス。こちらは定期的にドラマや漫画などと期間限定でコラボした商品を出します。

12月16日より名古屋と町田の二店舗で、アニメ「最遊記REROAD BLAST」とのコラボカフェの開催が決定しました。そこで連載開始してから20年経ってもなお根強いファンの多い、原作「最遊記」について今日は紹介してみようと思います。

最遊記とは

1997年に峰倉かずやにより連載が始まった青年漫画。。
ご存知「西遊記」をモチーフにしており、元となった「西遊記」の世界である中国と、現代が入り混じったような世界観の壮大なファンタジーです。

メインの登場人物は、三蔵法師、孫悟空・沙悟浄・猪八戒と「西遊記」と同じ登場人物。人と妖怪が共存する桃源郷にマイナスの影響を与える、牛魔王の蘇生実験を阻止するために、長安の都から四人、西へ旅を始め、襲い掛かる数々の苦難を乗り越えていくという物語です。

「最遊記」「最遊記REROAD」「最遊記REROAD BLAST」が本編で、番外編として「最遊記外伝」と「最遊記異聞」があり、過去アニメ化とOVA化、舞台化もしています。

登場人物

三蔵法師

正式には第三十一代唐亜玄奘三蔵法師。最高僧「三蔵法師」の肩書を持つが仏道に帰依しておらず、煙草・酒・賭け事も嗜む破戒僧。

過去目の前で師を殺されており、その際奪われた三蔵法師が所持すべき経文が牛魔王の蘇生実験に悪用されている恐れがあることから、実験阻止というよりは経文を取り戻すために西へ旅をしています。

彼は仏教のことは信じていなさそうですが、それでもそういう立場だから、他の三人よりは悟ったような雰囲気です。悟空も悟浄も八戒も、三蔵の言葉には幾度か救われてきています。

私が一番好きな三蔵の言葉は「お前が死んでも何も変わらない だが お前が生きて変わるものもある」です。突き放すようで未来への希望を織り込んだ、素直に聞きたくなる言葉です。

孫悟空

四人の中では幼い顔立ちと内面を持ち、素直な性分で場の不協を救うこともありますが、その正体は大地のエネルギーが集結したことにより産まれた「斉天大聖」という神でも人間でも妖怪でもない異端の存在。

500年前に天界で起こした大量虐殺の罪で500年間山に幽閉されており、そこから出してくれた三蔵に絶対の信頼を寄せています。額の禁錮が外れると「斉天大聖」になり、自我を失くし殺戮を行ってしまいます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。