冬のマストアイテム“マフラー”の選び方&巻き方

寒い季節がやってきました。

本格的に冷え込む季節になると、コートやジャケットにプラスして、それらでは守りきれない首元の防寒が大切になってきます。

アラサーと言えば私たちが中学高校時代、オーソドックスに巻くタイプで、コンパクトなマフラーが主流だったのではないでしょうか。ところが今、巻くタイプでしかもコンパクトなマフラーをしている方は少ないように思います。

最近の街ゆく人のファッションの1部として確立している「マフラー」の存在。首の防寒だけでなく、いかに可愛く、お洒落に、かつ機能的に使えるか、そんなところに世の女性は敏感になっている気がします。

そこで、今回、私がここ1~2年の冬にゲットしたマフラーたちをご紹介すると共に、その機能性や耐久性、また、ここはちょっと失敗だった…というところについてまとめていきたいと思います。1部子供に使用させているものもあります。ご参考にしてみてください。

マフラーの必需性…

マフラーと言えば、ちょっと邪魔になる…と思う方もいらっしゃると思います。確かにマフラーは首に巻いている分には暖かいし、手も自由に使えるのですが、「暑くなってきたな~」と感じると、もう首に巻いているのは苦痛になってきてしまいます。

しかし、いざ首から取ると邪魔…カバンに収納しようにも小さなトートバッグだとマフラーでカバンがパンパンになって物が取り出しづらい…なんてことも。でもまたしばらくすると寒くなってきて…やっぱりあって良かった~と思うマフラー。

女性は特に、首元の冷えや懲りが原因で肩こり、頭痛、が起きやすい傾向にあります。その体調不良から風邪をひきやすくなったりと、色々な弊害が出てくることも否めません。「首」とつくところは守らないといけない…と私は小さい頃から母親に言われてきました。

なので、私も冬になると必ずマフラーを巻くようになりましたが、産後、特に首への冷えから体調不良に繋がることが多くなり、できるだけ早めに首を温めるように気をつけています。

今流行っているマフラーって?

今やあまりコンパクトなマフラーを見かけることが少なくなってきました。では市場ではどんなマフラーが出回っているのでしょうか。

大判ストール

ストールと言えば、職場で肩から羽織るイメージがありますが、街ゆく女性を見ると、かなり多くの人が身につけてらっしゃいます。羽織る人もいらっしゃれば、きちんとマフラーのように巻いている人も…。

ストールは職場ですとそのまま膝にかけることもできますし、巻くのが面倒でしたら肩から羽織り、ストールをクリップで留める…というお洒落な使い方もあります。

スヌード

スヌードは数年前から流行しだした頭からすっぽり被るスタイルのマフラーです。素材としても毛糸のものやファーのものなどがあります。巻き方などを気にすることなくルーズにすっぽり被ることができるので、急いでいる時にも便利です。

ネックウォーマー

ネックウォーマーは、スヌードよりもフィット感があり、スポーツ等をする際に最適かと思います。

街中で見かけるこのような首を温める為のマストアイテム「マフラー」ですが、実際買って使うとなると、その実用性や機能性、また素材による肌触りなどが気になります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。