ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンをクリスマスプレゼント!

2017年のXmas、無事終わりましたね。
思い思いのXmasを過ごされたのではないでしょうか。

子供がいると特に親は大変ですよね。プレゼントの算段、Xmasの日の御飯、ケーキの用意…休日なら1日出ずっぱりの方も多いのではないでしょうか。

そんな我が家も8歳男児、5歳女児がいますが、今年のXmas、長男が8歳にして初めて「ゲーム」をねだってきました。親としてはこれまで「仮面ライダーのベルト」「仮面ライダーの武器」をねだられていたのに…ついにそれもテレビ放映を観るだけで満足し、ゲームに走ったか…と淋しい気持ちになりました。

そんな今年のプレゼントとして8歳長男が手にしたゲームですが、「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」にしました。そのゲームに決まった経緯や、ゲームをしてみた感想、またゲームに関する約束事等、我が家なりのゲームについて書いて行きたいと思います。

「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」とは

私は1982年生まれの35歳ですが、1983年に家庭用ゲーム機「ファミコン」が発売されました。我が家に「ファミコン」が来たのは私が幼稚園くらいの時だったように記憶しています。

恐らく3歳上の兄が小学生になってゲームを楽しめるようになったのを待って、流行りものが好きな祖父が購入してくれました。

それからはスーパーマリオブラザーズ、ゴルフ、忍者じゃじゃ丸くんといったソフトをかなり遊びつくし、壊れてしまうまで存分に楽しみました。

そして1990年には「スーパーファミコン」も発売されたことから、「ファミコン」と「スーパーファミコン」を並行して楽しんでいました。ドンキーコングや星のカービィ、マリオカートなど、アラサーの私が高校生くらいまで、スーパーファミコンも現役で遊んでいたことを記憶しています。

そんな歴史を経て、アラサー世代に愛されたファミコンが、クラシックミニとして登場したのは、2016年11月。続いてスーパーファミコンがクラシックミニとして2017年10月に発売されました。

Xmasプレゼントに決めた理由

ファミコンやスーパーファミコンのフォルムにすら青春を感じていたうちの夫婦は、「いつか欲しいよね…」という話をしていました。

ゲーム機として我が家にあるのは、初代のWiiのみ。WiiUでもないし、ソフトも5個くらいしかもっていません。主人はDSを持っていましたが、子供が小さかったので、実家へ送り返し…。

というわけで、子供がやりすぎたらいけないから…という理由でこれまでゲームは家族と楽しむもの…ということで、テレビの大画面で!というのが我が家の約束でした。

そんな我が家ですが、息子が小学生になったらやっぱり外で覚えてきてしまう3DSやら、スイッチやら…。現段階で一番進んでいるのがスイッチですが、例に漏れず息子が一番にXmasプレゼントとして欲しがったのも「スイッチ」。

お友達のお宅に行かせてもらうとスイッチでゲームを何時間も…。なんてこともザラ。

スイッチはテレビの大画面でも楽しめるのですが、1人でDSのように楽しむことも可能なので、便利と言えば便利ですが、我が家としては、

「それはまだ早い」

というのが夫婦での決断。そうは言っても要りもしない「仮面ライダー」や「ボードゲーム」等をもらっても喜ぶ息子ではないので、ゲームの中でも“みんながいる中でテレビを使ってするもの”を一緒に探して「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」に決定しました。

ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンを手に入れた!

世の中どうせ「スイッチ」を血眼になって探しているんでしょ~♪余裕余裕~!なんて思っていましたが・・・

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。