大河ドラマ「おんな城主 直虎」第49回「本能寺が、変」

最終回前話となった今回の直虎。

恐らく昨年の「真田丸」を視聴していた方には、どのように伊賀越えが描かれるか楽しみにしていたことでしょう。

49回のあらすじ

前回、織田信長を討つ明智光秀の策に乗ることにした徳川家康。それに際して、徳川が織田と明智の戦に巻き込まれず速やかに三河に帰るための道筋を、直虎がつけることに。

その道筋は、1つは宇治から伊賀を超えるいわゆる伊賀越え。もう1つは堺から船で迂回して一気に三河まで行くルートで、直虎は堺にいる龍雲丸を頼ります。

その間家康は信長に謁見、もてなしを受けます。

明智の策は、本能寺の茶会で家康を襲うための兵でそのまま信長を襲うというもの。しかし明智は急遽毛利攻めに駆り出されることになり、徳川一行は狼狽えます。信長を襲うための張本人がいなくなるからです。

しかし家康は幾度かの信長のもてなしを受け、信長は家康を殺す気はないのではないか?と思い始めます。最たる根拠はないものの、信長に殺気を見受けらてないという家康の言葉を信じ結局徳川一行は本能寺へ招かれることに。

しかしその道中、本能寺の変が起きたことを知らされ、急遽三河へ宇治から伊賀越えルートで戻ることに。無事帰り着いた家康は、明智にも織田にも与せず静観の構えを取ります。

直虎と龍雲丸との再会

龍雲丸とは、歴史上存在しない、今回の大河ドラマのオリジナルキャラクターです。序盤から登場していますが、何かと直虎の力になり、井伊の家が一度潰れた折には直虎は「おとわ」という本名で龍雲丸と夫婦のように暮らしていました。直虎がするべきことが終わるまで待っている、と言って今は堺で商人をしています。

今回数年振りの再会となったわけですが、再会を喜ぶ龍雲丸に対して、三河まで行く船を頼みたい一心の直虎は挨拶もそこそこに早速依頼をします。何というか龍雲丸は遠距離恋愛中の恋人に会った感覚、直虎は元カレに会った感覚なのかな、という印象でしたね。

待っているという約束も直虎はすっかり忘れていましたし、それだけ「おとわ」でなく「直虎」としてこの数年を慌ただしく生きてきたということでしょう。

2017年の伊賀越え

先ほども少し書きましたが、伊賀越えといえば昨年の大河ドラマ「真田丸」の伊賀越えを覚えている方も少なくないはず。昨年の伊賀越えは、家康が正に命からがら半泣きで走り去っていくというもので、本人は至って真剣なのだろうにすごく笑ってしまうという、コメディタッチな演出でした。

今年と昨年は少し時代も被っているので、その辺どう描くのかなって愉しみだったのですが、さて今年の伊賀越えが今回。

今回も見事にコメディタッチでございました。
とは言え、伊賀越え自体は描かれておりません。

急遽三河に取って返すに当たり、共に本能寺に向かっていた穴山信君から見て自然に三河に帰るための流れ、を徳川一行で演出したんですね。

「仇を討たなくてはならない!」「しかしこの手勢では!」「ならば腹を切る!」「信長公のためならばすぐに三河へ戻り兵を整えて出陣しましょう!」「急ごう!」という流れを作るために、名だたる俳優が集まって学芸会レベルの演技をする演技…俳優さんはすごいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。