コウノドリ8話ネタバレ感想!調子に乗った白川先生&お父さん倒れちゃった四宮先生

前回、新生児科医師として調子にのりはじめていた白川先生(坂口健太郎)。

そしてなにやら思うところあるような四宮先生(星野源)でしたが、はたして8話はどのような展開だったのでしょうか。あらすじネタバレしていきましょう。

お父さんが倒れた!実家に帰るシノリン

最初に言っちゃいますが、四宮先生の私服が可愛いです。濃紺丸首ニット、大きめなのでゆるっと着こなす星野源が可愛くてこれだけ見てるだけで癒されるレベル。

しかし内容は癒されるどころかハラハラドキドキの展開でした。

冒頭、研究の道へ進もうかと…とコウノトリ先生(綾野剛)に相談していた四宮先生ですが、そこへ電話がかかってきます。なんと、実家のお父さんが倒れたと!その足で実家に向かう四宮先生。お父さんは町で唯一の産科医です。お父さん、なんとステージⅣの肺がんでした…医者の不養生とはこのことか…。

隣の町に行けば大きな総合病院もあるから、この町の妊婦はそちらに任せて、治療に専念するよう説得するシノリン。でもお父さんは「この町で診られる妊婦まで、隣町へ行かせるリスク」について語ります。たしかに、1時間も、冬には凍る道を妊婦さんに運転させてってかなり負担ですよね…。

「産科医としてこの町のお産を守る、それが自分の使命」というお父さんに心打たれるシノリン。研究の道へ進もうとかと思っている彼にとって、この地元に根差し、患者に寄りそう医師で在ろうとするお父さんの言葉は大きく響いたかと思います。

とりあえずお父さんは大丈夫ということで、ペルソナ病院へ戻ってくる四宮先生ですが…最後に妹さんから「お父さんが再度倒れた」と、電話がかかってくるところで8話は終わります。次回、実家に戻って地域の産科医になるのか、それともペルソナに残るのか、はたまた研究の道へ行くのか、四宮先生の決断やいかに!?

調子に乗った白川先生の末路

NICUで「頼りになる存在」となり、天狗になっちゃってた白川先生。

でも、人間おごり高ぶってるときって周りの声が耳に入らなくなって、結果としてやらかしちゃうんですよねぇ。

今回白川先生が診た赤ちゃんは、お母さんの産道に長くいすぎたせいで、酸素がいきわたらない症状になってしまった子でした。肺高血圧と診断し、その治療を行う白川先生ですが…、通常2~3日もすれば良くなってくるはずの症状がいっこうに良くなりません。

まわりが「今橋先生(大森南朋)に相談したほうがいいのでは?」「ちがう病気の可能性も考えたほうがいいのでは」という中、白川先生は自分の考えに固執してしまって、肺高血圧の治療を続けます。

結果として、赤ちゃんは生まれつきの心臓病(総肺静脈還流異常症)で、血液がうまく心臓にもどらない病気であることが判明します。

「それって医療ミスなんじゃないですか!?」「いままでやってた治療は無意味だったってことでしょう!?」と激怒する赤ちゃんのお父さん。
視聴者としては「白川先生も頑張ってたからそんなに怒らんでも…」となりますが、自分が赤ちゃんの親だったら、そこらへんのものを手当たり次第投げて激怒するかも…と思ったので、まぁお父さん怒り狂って当然ですし、白川先生は訴えられなかっただけマシなのかもしれません。


赤ちゃんはその後、大きな病院へ移り、無事手術を終えて元気になったようです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。