子供の作文(日記)を上手く書ける親の教え方!

小学生あたりになると、週末の宿題に「作文(日記)」が出ることよくありますよね。お話するのは得意でも、作文(日記)となると途端にハードルが上がる気がします。

何故なら、言葉で話す時は話す順序を間違えても、何となく「やり直し」が通じたり、話し終わる前に相手が疑問に思ったことを質問してきたり、同じ時間を共有した人が相手ならその情景を思い出しながら上手く解釈してくれますが、作文となるとなかなかそうはいきません。

読み手は情景を思い浮かべながら読むので、途中でいきなり話が変わったり、前後すると少し混乱してしまいます。その日あったことをただだらだら書き進めていると最終的に何が書きたかったの?とか、ただの報告?といったような単調な作文になって、自分も書き進めていて収拾がつかなくなっていた…なんてことに。

特に作文というものに初めて触れる小学1年生あたりの子供は、本当に短い文章から書く事をスタートします。だからこそ簡潔に、何がどうでどうだっだのか、そしてそれについてどう思ったのか。上手く相手に伝える手段を身につけなくてはいけません。

我が家にも小学2年生になる男子がいますが、口は達者なくせに作文は大嫌い!

週末日記の宿題がでても最後の最後まで手を付けません。
書き出すと早いのに、読むと何とまとまりのない文章…。

これではいけないと思い、毎回見直したり、一緒に考えたり…でもいつかは一人で書けるようにならないと困ります。

そこで私なりに作文が上手に書けるよう息子にアドバイスしていることがいくつかあります。全てが有効ではないと思いますが、宿題で困っている小学生の子供を持つ方に、少しでも参考にしていただければと思います。

「何でも書いたらOK」では上達しない!

“勉強も作文も学校が教えてくれるから出したらそれでいいのよ♪”という考えの方、多いと思います。でもダメです!小学生が国語の時間にそれとなく作文の書き方、わかりやすい伝え方を学んでいることは確かですが、それだけではやはり基礎の枠組みができてもなかなか実用するまではいきません。

息子も「話の道筋や順序を考えて作文(日記)を書く」ということ自体は頭で理解出来ているのですが、書こうとしていることがどれくらいのスケールなのかでまとめられる限界があります。なのでやっぱり親が子供の書いたものをチェックしてあげることが必要です。

チェックしておかしな点に気づいたら

私がよく失敗していたのはここです。

書いたものをチェックして何が言いたいのか非常にわかりづらく、しかも単なる報告書のようだったので、「一体何が言いたいのかもわからないし、これじゃ伝わらないよ!」と、ガミガミといってしまいました。

当然子供も頑張って書いたものにケチを付けられてイライラしたようで(否定されたり、注意されるのを勉強面では非常に嫌う性格もあります)、

「もうやらない!」

ということに…。やり直しといってもパソコンで打つわけではないので、書いたものを全部消して…という段階を踏まなくてはなりません。

でもかと言って子供が怒るからとそのまま提出というのも…案外先生のコメントも軽く「こう書いたらもっといいよ」というアドバイスだけで、子供が一生懸命書いたものなので、お直しして再提出まではもちろんありません。

とにかくモチベーションを保ちつつ、少しずつ改善点を本人に伝えていくしかありません。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。