JA兵庫六甲に社会見学

「JA」って皆さんご存知かと思いますが、私の住んでいる西宮にも「JA」があります。といっても長い間新設工事中で、最近出来上がりました。

そんなJAですが、私自身、農家の知り合いもいませんし、縁のないものかなと思い、一度も足を踏み入れることがなかったのですが、最近子供が社会見学なるものに行ってきて、興味があったので私も一度足を踏み入れることに…。

色々とお話も聞けたので、今回は「JA兵庫六甲」について少しまとめてみたいと思います。

そもそも「JA」って?

知っているようで分からない…、そんな「JA」ですが、簡単に言うと「日本の農業を支える仕事をしている所」だそうです。とてもざっくりですが、実に色々なことを手がけているそうです。

子供にはとても難しい内容だったようで、職員さんにする質問もすごくすごく簡単なもの。「JAってなに?」「何するところ?」「いつからあるの?」そんな質問に答えて頂く中にも、職員の方の熱いお話、掘り下げれば深い話もあるもので、そちらは追々書いていこうと思います。

「JA兵庫六甲」の内部

まず、JAと言えば「JAバンク」といった金融関係の仕事を思い浮かべる方が多いかもしれません。もちろん銀行業務もあるのですが、「JA兵庫六甲」はそれだけではありません。

では、私の見る事ができた内部について書いて行きたいと思います。

お花コーナー&野菜コーナー

「JA兵庫六甲」内部は、銀行業務だけでなく、地域住民に開かれた、お花や新鮮な野菜コーナーも設けられています。

お花コーナーは店の外に設けられていて、野菜、お肉、お米等の食べ物は店内にて販売されています。

お店の名前は「彩菜さくら」。JA兵庫六甲の1階北側にあります。10時から15時の営業で、定休日は水曜、日曜、年末年始となります。

店外のお花コーナーでは


にんにく、ほうれん草、スナップエンドウ等の苗や、すみれが売っていました。日によっては。カーネーション等も売っていたり、日々違った花や野菜がお目見えするので、興味のある方はここでよく立ち止まって見ています。

また、店内に足を踏み入れると、新鮮な野菜や果物が…


この野菜たち、実は地元西宮で採れた新鮮な野菜や果物たちなのです。西宮でこんなにもたくさんの野菜や果物が美味しく育てられるなんて驚きでした。中には「シークワーサー」といった沖縄で有名な果物まで。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。