5歳娘の決断!英語教室を辞めた経緯

5歳の娘。今年になって英語教室に通いだしました。

でも、どうしても彼女には乗り越えられない壁がありました。それを乗り越えて欲しいというという思いからも始めた習い事ですが、その思いも虚しく先日習い事を辞めるという決断に至りました。

そんな娘の習い事事情。習い事をしたいけど子供に合うかしら…また、習い事を始めたはいいけど親のエゴだったかしら…なんて悩んでいる方も多いと思います。

そんな方へこんな考え方もあるよーと何かのきっかけになるかと思い、今回娘の英会話教室について、その習い始めたきっかけや、娘にとって大きな壁となったこと、また辞めるまでの経緯やその決断に至るまでと、その時の周囲の意見や先生の意見等など実体験に基づき書いていこうと思います。

英会話教室に通うことになったきっかけ

娘が英語教室に通うきっかけは、3歳上の兄が先に習っていたということが主な理由です。

息子の時はネイティブの先生が教えてくれるから一緒にやろうと勧められ、同じ幼稚園だったお友達が通うことになり、小学校入学時期と重なったこともあり少しでも心の拠り所になれば…という思いで習わせ始めました。

息子は習い始めて2年目ですが、今も楽しく通っています。

そんな息子を見て娘も楽しめるであろうと見越した母…。兄妹割りでお月謝も少し割安になるということもあり、始めるのはいつからでもいいと思っていましたが、神経質な娘を思い、幼稚園に慣れた年中さんになってから習うことにしました。

英会話教室の学習内容

英語は週に2回程が一番身につくということで、送迎が大変なのを覚悟で通わせています。

学習内容としては、小学2年生の息子が入りたての頃(小学1年生当時)はフラッシュカードや英語で言われた色で塗り絵を仕上げていくというものと、英語で言われた果物のおもちゃを自分のかごに入れるゲーム、という簡単なものでした。

そこから一年経った今は、英語の「音」を「文字」に結びつける為のルールを身につけるための「フォニックス」を用いた学習や、単語数をより広げる為の学習、耳を鍛える為のCDを用いた宿題をしています。

恐らく他の英語教室より進み具合は遅いかもしれませんが、ネイティブの先生がとても真面目で子供想いの先生なので、週二回の教室も熱心に通っています。

娘の場合も年中さんですが、学習内容は兄がやってきたことをほとんど追いかけてやっているという状況でした。基本的に親は授業を見ないことが前提ですが、まだまだ年中さんで心配な年頃…見学は自由でした。

娘はとても神経質で不安になりやすい性格なので、常にべったり私は見学することがいつしか習慣に…。兄は比較的早く一人でできるようになったので、娘も1ヶ月くらいしたら一人で受けられるようになれば…と思っていました。

娘の異変…「辞めたい!」

人見知りで神経質ではありますがおしゃべりが大好きな娘。きっとすぐに英語教室にも慣れてくれるはず…なんてタカをくくっていたら、3回目くらいから「行きたくない…」と泣き始めたではありませんか!

「何で?」と聞くと、
「男の子しかいないから」

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。