子供のお留守番!これだけは外せないこと!!

皆さん子供さんだけのお留守番、させたことありますか?

そもそもお留守番なんてさせるべきではない!という方、ごもっともだと思いますし、私もそんなタイプです。

でもそれって大体どのくらいの年齢まで?と聞かれると、その年齢ってバラバラなものです。二人目になると、上の子のお迎えなどが下の子のお昼寝とかぶったりすると、そのまま置いてきた~なんて話、よく聞きます。

それはさすがに近距離でも怖くてできないのですが、じゃあ一体いくつになったら…とか、どんな時に…とかの定義なんて人それぞれです。

何か事故があったら非難されるのは親ですし、最悪の事態を考えるとずーっと一緒に出歩くのが一番なのは誰しもがわかっていることです。

もちろん子供が小さければ小さいほど距離や時間に関係なく連れてまわるほうがいいのですが、少し大きくなってくると、抱っこもできませんし、歩くと時間がかかるし…ということありますよね。

たった牛乳1本買いに行くのに1時間仕事になるなんて大変…。というわけで、段々親も「お留守番させてみようかしら…」と思い始めると思います。

さて、我が家の長男長女は8歳と5歳ですが、長女は今現在一人では全くお留守番はできませんし、長男も今でこそ30分程度のお留守番は一人でできますが、小学校1年生まで一人でお留守番はできませんでした。

そんな我が家ですが、兄妹2人でなら長男が1年生の時からでもお留守番できるようになりました。それでも30分は長い方で、ほんの10分~20分程度、ちかくのスーパーやコンビニ、薬局や銀行くらいでしょうか。本当に急を用する時くらいのお留守番ですが、それだけでもとっても助かります。

では、子供にお留守番をさせるとき、一体どんなことに気をつけると良いのでしょうか。また、困ったときはどうしたらいいのでしょうか。主に小学生の兄1人の時と、小学生の兄と幼稚園児の妹2人の時についてになりますが、我が家のエピソードを混ぜて書いていきたいと思います。

お昼寝時のお留守番は危険!

「うちの子、1回寝たら2時間は起きないから~」という方、結構いらっしゃいます。その子の性格にもよるかもしれませんが、我が家の長女はとにかく寝起きが悪い!!ですので起きたらまずギャン泣きから始まります。

蹴る、喚く、叩くは当たり前、本人意識がほとんどないので仕方ありませんが、かなり暴れているので、一人にさせたらどうなるか…。考えると恐ろしいです。

母親がそばにいなくても目覚めて機嫌よく遊べる子ももちろんいますが、いつもそうとは限りませんし、毎回2時間の昼寝が何かの理由で30分で目覚めた…なんてことだってありますよね。目覚めた時何も知らずに誰もいない部屋にポツン…なんて思ったら、私が子供なら泣いてしまいます…。

もしかしたら外やベランダにお母さんを探しに行くかもしれません。

そんな私の母も、まだ私が生後半年程の時に、兄がぐずるので、お昼寝している私を置いて30分ほど公園に遊びに行ったそうです。そして帰宅すると、私はベビーベッドから落ちて顔に打ち身を作り火がついたように泣いていたそうです。

母親はそれ以来お留守番をさせなかったようですが、その話を聞いて、お昼寝の間のお留守番はなんだか安心なようで危険な面がたくさんあると感じました。

子供にお留守番をさせる前に

急なお留守番を頼む…という日が来る前に事前に色々準備しておくといいことは意外にたくさんあります。繰り返し練習しておいたほうがいい事もたくさんあるので、いくつか挙げていこうと思います。

触ってはいけないところを教えておく

「触ってはいけない=危ないところ」という認識は必ずさせておくことが大切です。まず火の元であるガスコンロ。キッチンに入らないようにガードをつけておくという手もありますが、さすがに大きくなると不要になるので、ここは口で言い聞かせます。

絶対にコンロに近づかない、コンロにあるものは触らない。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。