岡田准一は性格やバラエティー性もピカイチ!

岡田准一さんと言えばV6での知名度はもちろん、俳優としても数々の映画、ドラマに出演されています。俳優としては第38回最優秀主演男優賞「永遠の0」、最優秀助演男優賞「蜩ノ記」、第40回優秀主演男優賞「海賊とよばれた男」を受賞するなど、その活躍ぶりには目を見張るものがあります。

さて、そんな岡田准一さんを私が好きになったきっかけは2015年10月に、「図書館戦争」第二作目となる「図書館戦争 THE LAST MISSION」公開を前にテレビで再放送された、

「図書館戦争 LIBRARY WARS」と「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」からです。

それまでも岡田准一さんと言えばV6の中で顔が濃い人…という認識はあったのですが、特に興味もなく過ごしていました。しかし、こちらの映画を見てから、どうしようもなく「岡田准一」という人が気になり、「図書館戦争 THE LAST MISSION」に至っては、映画を劇場に2回観に行き、DVDもプレミアムBOXで購入、単行本もすべて読みました。

岡田准一さんとの出会いは特に私も結婚してからなので、「顔が良い」とか、「歌が上手い」とかそういうレベルで好きになったわけではなく、「演技の良さ」「芝居への情熱」「ストイックさ」、また、そんなストイックとは裏腹に「恥ずかしがり屋でラブシーンはちょっとNG…」というそのギャップにもやられました。

今回はそんな岡田准一さんの性格をより深く、そしてバラエティーの才能についても、少し触れてみたいと思います。これを読むと今まで気にしていなかった岡田准一さんをちょっと好きになってしまうかもしれません。

岡田准一さんのプロフィール

岡田准一さんのプロフィールですが、1980年11月18日生まれで大阪府枚方市出身。

169センチのB型。ご存知の通りジャニーズ事務所所属です。

ここで着目して欲しいのは岡田さんの血液型がB型であること!血液型で性格を決めるというのはナンセンスですが、B型の人の捉えどころのなさといったら…。結構経験のある方いらっしゃるのではないでしょうか。

実は私の主人もB型ですが、やっぱりB型ってちょっと人と感じ方が違うというか、なかなか面白い強烈キャラが多いです。まさかの岡田准一さんもB型ということですが、一見そんな風に見えないというのが私の正直な感想です。

また、出身が大阪府枚方市というのもかなり有名ですよね。なぜなら関西で岡田准一さんは「ひらパー兄さん」として有名だからです。「ひらパー兄さん」とは枚方パークのシンボル的な存在。いたるところに「ひらパー兄さん」がいます。

また、ご実家でお母様はピアノの先生をしておられ、岡田准一さん自身もかなりの腕前です。

これほどまでに知名度のある岡田准一さんですが、「ひらパー兄さん」として自分の出演した映画と枚方パークをギャグで融合させるなど、心の広い俳優さんなのです。

「図書館戦争」の公開が近づいた時も、枚方パークを合わせて宣伝する為、「図書パー兄さん」だの「図書パー戦争」だのバラエティー番組でふんだんに発言していました。

岡田准一さんはジャニーズ事務所に所属していますが、その経緯としては、「天才、たけしの元気が出るテレビ」というバラエティー番組の「ジャニーズ予備校」というコーナーで合格し、デビューしたところから始まります。

元々すごく気弱な岡田准一さん。小学生の頃は出席番号で名前を呼ばれると緊張のあまり戻してしまうぐらいの神経質なお子さんだったそうですが、ジャニーズデビューし、今や日本を代表する俳優に転身していくなんて、本人はもちろん、本当に人生何があるかわかりません。

岡田准一さんの特技

岡田准一さんの特技と言えば「格闘技」です。
※カリ
※ジークンドー
※USA修斗

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。