大阪市城東区!子連れランチできる人気のお店

大阪城の東に位置する、その名も城東(じょうとう)区。

私鉄、JR、地下鉄、さまざまな路線の駅があり、市バスも縦横無尽に走っていることから、近年どんどん人口が増えています。

そんな城東区は、子育て施設も充実しており、あちこちに幼稚園や保育園があります。小学校はクラスが増えるにとどまらず、分校が増設されるほど、子供の数も増えている地域でもあります。

子持ち主婦の多い城東区だからこそ「ママ友とランチしたい、できれば子供も入りやすいお店で」という方、多いのではないでしょうか。

そこで、大阪市城東区で、子連れランチしやすいお店をご紹介します。

ちいさなお子さんを連れて行きやすいお店ばかりなので、ぜひママ会や幼稚園お迎えまでのお茶なんかに利用してみてください。

ハンバーグのお店「ボストン」

蒲生四丁目交差点、三井住友銀行がある角を、南に1分ほど歩いたところにあるのがハンバーグのお店ボストンです。ボストンはもともと昭和町からはじまったお店で、2017年8月現在、大阪に9店舗あります。

蒲生店は古民家のような建物で、あたたかい雰囲気が特徴です。

間口がちょっと狭いので「席もあんまりないのかな?」と思いがちですが、実はボストン、2階もあります。2階は広々としていて、平日の正午前ならあまりひとがいないので、子連れでものんびりご飯を食べることができます。

ジューシーなハンバーグはふわふわで子供でも食べやすく、種類が豊富!チーズハンバーグや、てりたまハンバーグなどはうちの子供も大好きで、行くたび「今日は何にしようかな~」とメニューとにらめっこして悩んでいます。

ハンバーグのほか、えびフライやソーセージなどもあるので、ちいさいお子さんにも取り分けやすいですよ。

ボストンのいいところは、ランチメニューはライスおかわり無料ということ。

子供が1~2歳で小さかったころは、子供のために1プレート頼むと余りますし、私はそんなに食べないタイプなので、大人だけランチメニューを頼んで、子供に取り分けて、足りなければごはんをおかわりしていました。

お店のひとも「お子さんのとりわけお皿もってきますね」「ごはんのおかわりはよろしかったですか?」とにこやかに対応してくれましたし、子供のぶんも一皿頼んでくださいなんて言われることは一切ありませんでしたから、ぜひランチのおかわり自由を活用してみてください。

ボストンの近所には銀行やスーパーなどの商業施設が多く、人通りも多い場所なので、正午をこえるとすこしずつ混雑しはじめます。待たずに食べたいという方は、なるべく早めに行ったほうがいいでしょう。

ちなみにボストン、駐輪場的なものがありません。

自転車で行くと、目の前の路上に停めることになりますから、できるだけ歩行者の邪魔にならないよう、道に沿うように停めておいた方がいいです。以前、帰ろうとした時、風にあおられたか、自転車にぶつかられたかわかりませんが、停めてあった自転車がドミノ倒しになっていたことがありました…。

子供乗せ自転車はとくにかさ張りますし、倒れてしまうと起こすのも一苦労かと思いますので、停め方は注意しましょう。

もしボストンが混んでいて入れない場合でも、目の前にはガストがありますし、蒲生四丁目交差点にはロイヤルホストやサイゼリヤ、モスバーガーがあるので、蒲生四丁目付近で子連れランチに苦労することはありませんよ。

おむつ替え台完備!食堂カフェ「potto関目店」

2017年冬にできたばかりの新しいお店、potto。
場所は国道一号線沿い、京阪関目駅と、ユニクロの間くらいにあります。

アプロ関目店の斜め向かいの、角のお店です。もともとあったレトロなビルを改装して作られているので、中もレトロおしゃれな感じがします。

1階は芝生っぽいコーナーがあり、切り株に似せたイスもあり、子供が楽しめる作りになっています。お店の端っこにはテレビも設置してあって、子供が好きなアニメ、ひつじのショーンなんかが常時流れています。

トイレも広々、おむつ替え台まであります。床がフラットなのでベビーカーのまま入ることもでき、赤ちゃん連れのママ会はもちろん「ベビーカーで赤ちゃんが寝たので、そのすきにちょっとお茶を…」とひとりで入っている方もたくさん見かけます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。