アカチャンホンポ「1歳のおたんじょうび会」

ほんの12か月前に誕生し、泣いて転がっているだけだった下の子が、ようやく2歩3歩とあんよができるようになってきて、まもなく1歳を迎えます。

1歳の頃にはすでに走り始めていた上の子と違い、下の子はのんびり屋さん。10か月からつかまり立ちはできるようになったのですが、1か月以上経ってもまだまだ歩く気配が見られません。

たまに、両手を離したたっちの姿勢でリズムに合わせて拍手をしたり、カタカタを嬉々と押している姿は見るのですが、まだ自分で歩きたいという気持ちにはならないんでしょうね。こちらが歩くように仕向けない限りはすぐにハイハイの体勢になってしまいます。

そのハイハイができるようになってからは、「ハイハイの時期なんて一瞬しかない!」とアカチャンホンポで開催されている「ハイハイレース」や「赤ちゃんすもう」に参加してきました。

どちらもわが子が可愛く頑張る姿を見ることができて良かったと思うイベントでしたので、せっかくなので「1歳のおたんじょうび会」にも参加してみたい! ちょうどお父さんの仕事が休みの日でもあったので、申し込んでみようということになりました。

今回は、その「1歳のおたんじょうび会」についてご紹介しようと思います。

予約の申し込みは短期決戦!

アカチャンホンポのイベントの予約は、インターネットで行います。

「1歳のおたんじょうび会」に参加できるのは、1歳のおたんじょうび月のみ。そして、近場のアカチャンホンポでは月に2回のみの開催で、1回につき定員は5組です。これは、競争率がものすごく高いハズ…!というのも、ハイハイレースは1回に20組の定員でしたが、こちらは予約受付開始日の夕方には定員数に達していました。

そのイベントに参加している赤ちゃんたちは、誕生日が近いはずで、それくらいの人数がきっと応募しようとするわけですよね。これは、受付開始と同時に申し込まなければ!と思っていました。

しかし、イベントがあるということをしっかり覚えていて、よくアカチャンホンポのスケジュール表の確認をしていた頃には、なかなかその月のスケジュールが出ないんです。そしてそのことをすっかり忘れていて、ふと思い出して確認しみると、予約開始日がなんと翌日! よくぞ思い出したものです。

受付開始はイベント日の2週間前の朝10時から。

必要なものは会員カードの番号。受付開始数分前には予約ページを開いて横に会員カードを置いてスタンバイ。10時になると同時にリロードで予約ページに移り、空メールを送信して、予約ページで必要事項を入力して……と順調に予約を完了させました。

開始から完了までかかった時間はたった2分。終わったときには、すでに残り3組となっていました。

ためしに予約開始5分後に予約ページを見てみると、すでに定員に達していました。早すぎる…!

そんなわけで、おたんじょうび会の予約は受付開始5分間が勝負です。

早くに予約を完了する方法としては、事前に何か違うイベントに予約していれば、前回のログが残っているために一つずつ入力することなく履歴から選んでいけばすむので、一瞬で入力を終わらせることができます。私はそうやって2分で予約をすませました。

それくらいしないと、予約をとるのはちょっとキビシイのではないかと思います。

当日のイベントの流れ

無事に予約ができれば、あとは当日にお店に行くだけです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。