幼稚園・保育園で実際に起きたトラブル!100人のママに聞きました

子供が幼稚園や保育園に通うようになると、自分の時間が持てるようになってホッとしますよね。

でも、ホッとしたのもつかの間。園でトラブルが起きて呼び出されたり、ママ友関係で悩んだり、毎日ハラハラドキドキ、ストレスのたまる日々になってしまうひとも…!

今回は、実際に幼稚園や保育園で起きたトラブルについて、100人のママに聞いてみました。ママ友いじめや子供同士のトラブル、先生vs保護者など、「あるある!」「うわ~、怖い!」という内容になっています。

これから幼稚園や保育園に通われる方も、ぜひご一読ください。
園での人間関係の、予習になるかも知れませんよ。

幼稚園・保育園で実際にあったトラブル結果


やはりダントツ多かったのが、親同士のトラブル。

そして次に多かったのが、意外にも親と先生(園)とのトラブルでした。それではどのような内容なのか、内訳を見て行きましょう。

★親同士のトラブル・・・35%

・母親同士で成り立つサークルがあり、参加したもののいきなりLINEグループを作られ強制参加。しかも夕方の超多忙時間にLINEが入って来る始末。既読するのも面倒。(愛知県・39歳・女性)

・私の子供が通う保育園は、駐車場が狭いのに、朝から何十分も立ち話をしていて、なかなか車を動かしてくれません。(岡山県・31歳・女性)

・保護者の協力が必要な時に全く関心がないクラスがあってほかのクラスに迷惑をかけていた。(茨城県・34歳・女性)

・飲み会を頻繁に行いたかがるママ友が、差別なくクラス全体に招集をかけることがかえって金銭的に余裕のないママには負担で、園側に相談。相談したことが計画実行役のママの反感をかいトラブルになりました。(千葉県・40歳・女性)

・母親同士のいじめがあり、いじめられているママから話を聞いていたら、そのママの味方をしたという理由で私までそのトラブルに巻き込まれた。(和歌山県・44歳・女性)

・セレブでもない普通の幼稚園ですが、「〇〇さんの旦那さんはあまり稼ぎがないみたいだから仲間に入れないでおきましょう」という保護者がいて、言われた方も困って、結局幼稚園の先生達に相談しました。(佐賀県・33歳・女性)

筆者が通っていた園でも、園長先生が全保護者対象に「ラインなどで、お母さん同士悪口や陰口を言ったり、仲間はずれにするようなことはやめましょう」と、苦言を呈されたことがありました。

筆者は人間関係が下手という自覚があるので、できるだけ付き合いをせず、ラインもだれとも交換せずひっそり生きていましたし、ときどきしゃべるママさんたちはいいひとばかりだったので、まさかうちの園に「ラインいじめ」なるものがあるなんて思いもしませんでしたが…やはり女同士が集うとなにかしら起きてしまうものなのですね。

めったに怒らない園長先生からの叱責に、事がかなり重大であることを知り「ひぇえぇ~、ママ同士の付き合い怖い」となって、以後もどんな理由があってもライン交換だけはしないでおこうと誓った筆者なのでした(そして卒園までいわゆる「ぼっちママ」をつらぬきました)

親同士のトラブル内訳

親同士のトラブルの内訳を詳しく見てみましょう。

半数以上が「仲間はずれ、陰口、悪口」でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。