冷凍出来るおかずを作り置き!お弁当に便利!

毎日のお弁当作り、大変ですよね。

私は上の子が小学生になるまで主人にはほぼ毎日、上の子には週二回幼稚園のお弁当を作っていました。

上の子が小学生になると同時に下の子が入園したのですが、下の子の登園拒否と小学生の兄の準備に手こずり、お弁当どころではなくなり、義務である幼稚園のお弁当だけに焦点を当てるようになりました。

少し楽にはなったお弁当作り、主人がお弁当を持って行っていた時は通勤のカバンにすっぽりと入るようなスリムランチボックスだったのですが、2段だったので、一段目はご飯を敷き詰めても、二段目は4品から5品は入れないといけないという感じ。

全部手作りもしんどいけど、全部冷凍食品もどうなの…?という事でそれほど料理は好きではないし、潔癖症な私。とりあえず色々試行錯誤して作り置き出来る食材はまとめて作って冷凍!という風にしてきました。

しかし、冷凍って食感が変わったり、水分が抜けたり逆にベチャベチャになったり…調理法や食材そのもので向き不向きがあると思います。その中で、とりあえず便利で誰からの不満もなかった冷凍出来る作り置きおかずについてご紹介していきたいと思います。

作り置きは副菜も!バランス良く

作り置きと言っても、メインのお肉を使ったメニューばかりを冷凍してもそれだけを詰め合わせると栄養も偏ります。出来れば副菜も欲しいところですよね。隙間食材としても彩りとしても便利なので、私はよく副菜も冷凍していました。

レンコンと人参とピーマンのきんぴら

よく作っていたのは「レンコンと人参とピーマンのきんぴら」です。

ごぼうは下処理に手間がかかるので、下処理が簡単にできる食材で、彩りを考えたところ、この組み合わせが味も美味しくて冷凍もできたのでおすすめです。これを5食分ほど、出来て粗熱が取れたらラップで1食分ずつくるみ、最後に5食分ジップロックに入れ冷凍庫に入れます。

材料(作り置き分程度)
※レンコン(1本15センチ程)
※人参(2分の1程)
※ピーマン(1個)
※粉末出汁 (適量)
※醤油 (大さじ1)
※砂糖(大さじ1)
※ごま油(風味付けで適量)
※白ごま 適量

・作り方
1.レンコンをいちょう切りにし、水にさらします。人参とピーマンは千切りにします。
2.フライパンにサラダ油(ごま油も可)を引き、切ったレンコン、人参、ピーマンを炒めます。
3.水(100CC程)を入れ、火が通るまで少し煮込みます。
4.粉末出汁、砂糖を加え少し煮立たせます。
5.醤油を加え、水分がなくなる寸前まで炒めます。
6.最後にごま油で風味付け&白ごまをかけます。

ひじきの煮物

次によく作っていたのは「ひじきの煮物」です。ひじきは水で戻して作ると意外にたくさんできます。なので1日では食べきることが出来ない…なんて事が食卓ではよくあるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。