子供が産まれたら病院選びは大切!

子供が産まれたら、1週間検診や1ヶ月検診は産院で…となりますが、そこからはかかりつけの病院に予防接種に行ったり、診察に行ったり、何気に病院探しは大変なものです。

しかも近くにあるから…という理由で病院を選んだらまさかの誤診をされた!

なんていうトラブルも良く聞きます…。最近では面倒な事にクチコミをネットで見る事ができるので、近くてもクチコミがイマイチだとなかなか踏み込むことが出来ない…なんて事もあります。

でも、必要最低限ここだけは譲れないポイントだけを絞り込めば、クチコミでイマイチと評価されていたとしても自分や子供には合っていた!というパターンもあります。そんなこんなで私も子供が産まれて8年、色々と病院選びは迷っていますし色々な病院に駆け込みましたが、ここだけは譲れないポイントを考慮しながら何とかやってきました。

今ではそこまで病気をすることもありませんが、これまでの記憶と体験を元に、病院選びについてのあれこれについてまとめていきたいと思います。

子供を産むときから考えておく

妊娠したら産む時に少しでも設備が整っているところや緊急のオペができるような産院を選んだりしますよね。または地元で里帰り出産を考えている方も多いと思います。大体産後の1週間検診、1ヶ月検診は産院でしてもらうことが多いかと思いますが、それからの定期接種や任意接種のオンパレード、風邪の診察は自宅近くの小児科ということになるかと思います。

最近では小児科を併設した産院も増えているので、産まれてからずっと産院の小児科に通っているという人も多くいます。妊娠して産まれてからの記録が全部揃っているととても安心ですよね。高級志向な産院が増えているので、併設された小児科もとても綺麗で衛生的にも文句なし!というところも魅力です。

譲れないポイントをしっかり押さえよう!

産院に併設された小児科が条件に合わなかった…という場合も、自宅近くの小児科を徹底的に調べましょう。例えばとにかく人気なところがいい!という人、先生が女医じゃないとダメ!

待ち時間が嫌だからネットで予約の取れるところがいい!等など、子供のことなので、ついつい欲というか、とにかく色々気になりますよね。

そこで、潔癖で超がつくほど心配性な私が病院選びで譲れないポイントを挙げたいと思います。

○予防接種と一般診療の時間がきちんと分けられている
○登園や登校を禁じられているような病気の可能性がある患者さんや、高熱の人の待合室が別にある。
○予約が出来る
○診察が丁寧である
○空気清浄機や消毒、設備が整っている

もちろん全部揃っている病院は少ないですが、それでもこのようなポイントでいくつか病院は絞られてきます。

予防接種に来たのに、他の病気をもらって帰ってくるなんて絶対嫌ですし、登校登園できない感染症の可能性のある患者さんの近くで長時間待たされるのもちょっと…ですよね。マスクをしてくれているのなら待っている方もまだ心安らかでいられますが、しんどすぎる子供に無理やりマスクさせるのも…と同じ親ならその気持ちもわからなくもありません。

自分や子供はマナーや感染防止としてマスクはつけさせますが、年齢的に出来ない子供ももちろんいますから、そこはやっぱり気になるところです。小さい子の受診が多い病院では、熱の度合いや発疹などの全身状態で感染症の可能性を判断し、隔離の待合室へ移ってもらう病院もたくさんあります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。