旅行のお土産をお友達に失敗しない分け方!

長期休暇の際にした旅行。

お土産ってどうしていますか?特にあげる人もいないし、自分の分だけ…という方もいらっしゃれば、お休みをくれた会社の人や事あるごとに集まる親戚、仲のいいご近所さんに…なんて方も多いと思います。

ちなみに私の旦那さんは、会社用に32枚くらい入っているクッキーをボーンと箱ごと会社に置いてきたそうです。書置きくらいはしてきたと思いますが、もちろん大所帯の会社だと皆さんそんな感じなのでしょうか。

一方私は、昨年から子供が小学生になったことがきっかけで、お友達伝いでお土産をよくいただくようになりました。昨年は旅行にいけなかった我が家、またどこか行った時にお土産を買ってくるからね~!と、理由を説明した上ですが、申し訳なく一方通行で終わらせていただきました。

そんな昨年でしたが、今年無事に旅行できたので、お土産を子供のお友達に配るべく頭で計算しながら購入してきました。

どんなお土産がいいか、いつ渡すのか、渡す人によってそれぞれ違いますよね。子供のお友達事情も把握していないとなかなか難しいですし、思いの外お土産をあげたいお友達が多かったりして困ることも…。

そんなお土産事情を今回まとめてみようと思います。

頂いたお土産はこんな感じ

私が昨年頂いたお土産

○テーマパークのキャラクターの缶入りクッキー詰め合わせ
○旅行先の特産物を生かしたお菓子
○ご当地クッキーやチョコ等を組み合わせたもの
○ご当地フルーツを使った瓶入りジュース

等です。

2人兄妹なので、二人で分けられるものや、組み合わせて4つくらいの袋菓子を入れてくれるなどのお気遣いがとても嬉しかったのを覚えています。

クッキー等の缶は、テーマパークのものだと少なくとも700円から800円くらいはするので、完全に頂く側だった私は少し恐縮してしまいましたが、とても嬉しかったです。

お土産の相場

お土産は本当に気持ちだと思います。子連れ旅行だと荷物も嵩張りますし、行ってきたよー!という報告だけでも大丈夫なくらいです。子供のお友達だけでも結構な数になりますし、上の子と下の子が居ると出費は抑えながらも量が必要になります。

でもせっかく来た旅行、場所によっては色々な特産物に心が踊ってたくさん購入してしまうパターンもあります。私は今回テーマパークに遊びに行きましたが、お土産は自宅の分を除いて3500円くらいに抑えました。

同じマンションのお友達、上の子の小学校のお友達、下の子のお友達、自分のお友達、合計約12という内訳ですが、これ以下になることは少なくても、思いもよらない方から頂くこともあるので、そのお返しもできるよう余りが出るように購入しました。

どんなセレクトが分けやすい?

配る数が決まれば、今度はどんな物をお土産にするかが問題になります。缶のクッキーを12缶用意するのか、それとも缶の中のお菓子を分けて渡すのか…。等など、配り方にも色々ありますよね。皆さんだったらどうしますか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。