学研教室って、どうなの?小学2年の息子の体験

皆さん、幼稚園や小学校低学年から学習塾に通うってどう思われますか?

私はがっつり勉強!という感じではありませんが、幼稚園からちょっとした学習教室に通わせています。

今回は、小学校に入学してから息子が通っている「学研」について、通うようになったきっかけと、感じていること、また子供の様子について書いて行きたいと思います。

園で行われている学習教室に通っていた幼稚園時代

幼稚園の時は、園が提携している小学校への慣らしのような授業形式の教室で、お友達と幼稚園終わりに勉強するという物でした。年長だけのプログラムで、体験に行ったうちの3分の1くらいの子供が入会しましたが、3分の2は幼稚園から勉強なんて…ということで退かれました。

結局100人くらいの園児のうち、20人くらいが受講しましたが、元々他の学習教室に通っている子もたくさんいるはずなので、妥当な人数でしょうか。

ここでは主に1人のメインの先生と補助の先生が20人の幼児を見るのですが、お話している子、鉛筆で遊んでいる子を注意し、授業や先生の雰囲気を察知しながら授業を進めていくという感じで、最初はなかなか集中できなかった子供も、年度末には1時間きちんと静かに授業を受ける姿勢が出来ていました。

内容に関しては1年生の1学期までの国語と算数の学習を主にしていましたが、夏休みなどの長期休暇にもプリントが配られ、1日1ページしないとちょっとしんどいかな…というくらいの量だったと記憶しています。

そのおかげで小学校に入学してからは、授業の態度も注意されることなく、集中していると言われているので、それだけでも大きな成果だったのではないかと思っています。

ちなみに月謝は月4回で6000円程でした。

週に1度なので振替などはできなかったのですが、とにかく机に向かう癖づけという面では、幼稚園の延長で行ってもらえて非常に良かったです。

小学校に入る前の春休みの悩み

年長の時の学習教室のおかげで見についた小学校1年の1学期までの学習と机に向かうという癖。これを継続するにはどうしたらいいのか…。かなり迷っていましたが、授業形式の方が他のお友達と楽しくできていいのかな、と、年長の学習教室が進める同じ系列の教室の見学に行きました。

しかし、希望者が開講可能人数に達さず、結局行き場がなくなってしまいました。

これはどうしたものかと思っていたところ、やはり他のお母さんたちが進めるのは「公文」「学研」。「公文」「学研」と言えば授業形式で行うのではなく、個別に教えてもらい、自分の速度で学習を進めていくという感じ。要は己との戦い。

これを息子がやっていけるのかな…と一抹の不安はありましたが、友人の勧めもあり、まずは「学研」の方を見学に行きました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。