ハッピーハロウィン!

10月になると、街中やお店など、どこに行ってもハロウィン一色。
9月どころか、8月からすでにハロウィンのグッズが売っているお店もよく見かけます。

子どもがいない時期や子どもがまだ赤ちゃんのときには、ハロウィンのグッズや飾りを見かけることはあっても、自分で何かしようと思ったこともなく、楽しそうだなぁとただ微笑ましく見ているだけでした。

しかし去年のこと。

たまたま親子で休日に街に出かけたのが、街でハロウィンのイベントをやっている日で、小学生までなら誰でも参加できるらしいという話を聞きました。せっかくだからと100円ショップでほとんど残っていなかった仮装グッズを買い、受付に行ってみたのですが、すでに定員に達していたため参加できず……。

可愛い仮装をしている子たちが、お菓子のたくさん入った袋を持っているのを羨ましそうに見ている娘を見て、「来年はちゃんと事前に準備をして参加させてあげよう!」と心に決めたのでした。

そして今年。去年のリベンジをしようと、ハロウィンのイベントに備えて、8月には100円ショップでメインの仮装グッズを買いそろえておき、イベントの日程もしっかりチェック!10月の後半は週末ごとに台風がやってきて、イベントの日もあいにくの雨模様とはなりましたが、しっかり参加してくることができました。

ハロウィンのイベントは毎年行われているようですし、来年以降に向けてのご参考になればと、わが家で行った簡単な衣装の準備と、参加したイベントについてご紹介したいと思います。

衣装を準備しよう!

ハロウィンのイベントに参加するにあたって、一番頭を悩ませることになるのが衣装ですよね。

裁縫が得意な方や、子どもをこんな感じにしてあげたい!というイメージをしっかりお持ちの方ならそんなことはないのでしょうが、私はお恥ずかしいことに、ボタンを付けるのさえ満足にできないという不器用さなので、衣装を一から作るということはまず考えられません。

もらい物でディズニーキャラクターの衣装を何着か持っており、そういったイベントで着ている子もよく見かけるのですが、個人的に、ディズニーリゾートで着るのであればともかく、なんとなくハロウィンの衣装としては着せたくない。

ハロウィンですから、できればおばけの恰好をさせたいと思ってしまうんですよね。

かといって、そのためにわざわざ市販品を買うのも、ハロウィンのときにしか使わないからもったいない。100円ショップである程度そろえてもいいけれど、他の人とあまりに被ってしまうのもイヤ。贅沢なことを言っているなぁと自分でも思いますが、お手軽になんとか少しでも差別化をできないものかと悩みました。

そんなとき、たまたま実家に帰省する機会がありまして、近所の方からお洋服のお下がりをもらったからと、何着か渡されました。その中に黒いワンピースが入っていたのですが、それを見てふと、「黒のワンピースって、ハロウィンの衣装に使えるんじゃない?」と思ったんです。

衣装をわざわざ買うのはもったいないですが、黒のワンピースなら、冠婚葬祭にも使えますし、色物のカーディガンやちょっとした小物と合わせると、普段着としても使えます。結構使い勝手がいいですし、それなら1着持っていても損はないと思うんです。

そして、普段着として使うのと同じ要領で、ハロウィンの衣装にするためにハロウィンらしいちょっとした小物をつけて、100円ショップで買った魔女の帽子をかぶれば、ほら、可愛い魔女の出来上がり!ついでに、100円ショップで買ったマントもつけてみたら、よりそれらしくなりました。

他の人と差別化をはかるために、小物は簡単ながらも一応手作りにしてみました。

「手作り」とえらそうなことを言っていますが、ただ、オレンジのフェルトをかぼちゃのおばけ型に切っただけです。半分に折りながら切ると簡単に形作れます。不器用な私にでも簡単にできたくらいです。それを、ワンピースと帽子に簡単に留めただけ。それでも、これだけでハロウィンの衣装っぽく見えませんか?

黒のワンピースだけだとちょっと落ち着きすぎかと思ったので、家にあった少し派手めのタイツを履かせ、靴は冬用のブーツにしてみました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。