するるのうるおいる|効果を徹底検証や面白い使い方

するるのうるおいるで、私が一番目当てとしていた「うるおい」ですが…。

さきに言ってしまうと、するるのうるおいるはそれなりにしっとりしますが、「オイル」なので表面的なうるおいだけだったようで、芯からしっとりするわけではなかったみたいです。

その結果がこちらです。

まず、使い始めた日の水分量がこちら。水分26%、油分41%です。

そして使い始めて5日後の結果がこちら。水分26%、油分40%。全然変わってない…!!

肌触りはしっとりしていていい感じだったのに、水分量はほぼ変化なし。

見た目は油でコーティングされてつるっとして、なめらかな肌になっているというのに、うるおい成分が中まで浸透していないとは…。うるおいを期待して買ったオイルなのに、これはかなりショックでした。

するるのうるおいるポカポカ効果を検証

するるのうるおいる、すべすべ&ほっそり効果のほかに、ぽかぽか効果もあるそうです。公式サイトでそれを見たとき「いやいや、オイルに温め効果とか、嘘でしょ」と思っていました。ですが、ぬってしばらくして、なんとなく足がぽかぽかしていることに気付いたのです。

最初、温かいというより「なんだかかゆい?」と思って、赤みか湿疹でもでたのかと思ったんですね。でも、肌を見ても全然そんな気配はなく…。もしかして、血行がよくなってきたからかゆいと感じているのかな、という結論に行きつきました。

しかもこのぽかぽか感、持続性がすごい。ぬって1時間以上経ってもなんとなく温かいですし、その後もひえることなく「なんとなくぽかぽかしてる」感じが続きました。むしろ付けすぎたところは暑くなってかゆいくらいでした。

正直、「温かくなるなんて絶対嘘」と思っていましたし、そもそも公式サイトの「温かくなる」というのなんてすっかり忘れて塗っていたので、この効果には驚くばかりでした。

するるのうるおいる「かっさプレート」を使ってみた!

かっさプレートってご存知ですか? かっさプレートは、中国の民間療法で使われているマッサージ用のプレートです。今回、するるのうるおいるを買ったらかっさプレートもおまけで付いてきたので、これを使ってマッサージしてみることにします。

かっさプレートはゆるやかに曲がっている部分と、こまかく山のような形になっている部分があるので、当てる部位によってプレートの持ち方を変えると上手にマッサージすることができます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。