しあわせの村に大人数で宿泊

子供同士仲が良く、母親同士、父親同士も気が合う4家族で、今回神戸市北区にある「しあわせの村」という施設に宿泊してきました。

子供がのびのびと遊ぶ施設や温泉もあり、充実した2日間を過ごすことができました。

「しあわせの村」の宿泊施設のうち、私たちが宿泊した野外活動センター「あおぞら」は、合宿所を思わせる様な大部屋で、そこはしあわせの村の普通の宿泊施設やホテル等とは全然違い、食事も出ませんし、布団の上げ下ろしもセルフになります。

家族で…となるとちょっと厳しい条件ですが、大勢で部屋を貸し切って1日中一緒に居られるとなると、これぐらいの我慢は必要かもしれません。

今回は、この「しあわせの村」で楽しんだ2日間の体験談や、野外活動センターで宿泊する際に持っていくべき必需品について書いて行きたいと思います。

「しあわせの村」って?

「しあわせの村」は、神戸市北区にある子供から大人、お年寄りや障がいのある人も楽しめる総合福祉ゾーンで、様々なイベントも繰り広げられています。また、広大な緑の芝生の上で思い思いの活動をしたり、アスレチックもあります。キャンプやバーベキューも楽しむこともでき、宿泊施設もあり、1日中遊ぶことができる施設です。

私たちが訪れたのは、その中でも特に子供たちが楽しめそうなアスレチックゾーンの「トリム園地」で、色々な遊具やアスレチックを楽しむことができます。次の章では、「トリム園地」についてまとめたいと思います。

わんぱく盛りの子供におすすめ「トリム園地」

私たちは子供8人を引き連れていたので、子供たちが楽しめそうな施設「トリム園地」に行きました。

広大な敷地を生かしたアスレチックや、トレーニング遊具、力を合わせて池を渡るイカダ、とにかく身体を動かすには持って来いの施設です。子供たちはとても元気なので、私たちが追いつかない程本能の赴くまま色々な遊具にチャレンジしていくので、迷子には要注意です。

また小さなお子様一人では危険な遊具もあるので、大人がしっかり見てあげることも必要です。

こちらはみんなで相乗りしながらロープを引っ張って向こう岸まで行くイカダです。イカダは片方に重みが偏り過ぎるとグラグラと揺れるので、相乗りした知らない人とも自然と会話が弾む遊具です。小さなお子様は誤って落ちてしまう危険性もあるので、必ず大人の人が一緒に乗り合わせてください。

また、森の中を進んでいくようなアスレチックもあります。
森の中を進んでいく前に、仕掛けがたくさんあるジャングルジムが…♪

ボルダリングもついていますし、右側に滑り台もついています。


左奥に続くロープの網を進んで行くと、どうやら森の上の方にたどり着けるそうです。私はちょっと自信がなくて行けなかったのですが、小学2年生、3年生の子供たちは余裕でアスレチックをこなしていました。

女の子達はこんなユニークな遊具を楽しんでいました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。