ルメディカACNローションのレビュー&効果を検証!

ルメディカACNスキンローションを使ってみました。

ルメディカACNローションの箱はシンプルで清潔感のある白と、ピンクでかわいい感じです。

中身を出して見てびっくり!

ルメディカACNスキンローションは、液体がピンク!

ボトルの色は透明なので、これってローションそのものがピンクってことですよね。なにか着色料でも入ってるのかしらと不審に思い調べてみたところ、どうやらこれはルメディカACNスキンローションに含まれている「金」の色なんだそうです。

金が入ってるんだから金色と思いきや、金を細かい粒子にするとピンク色になるんですね~、知りませんでした。じっくりルメディカACNスキンローションのボトルをながめてみましたが、当然のことながら金粉がふよふよ浮いているなんてことはありませんでした。

ルメディカACNスキンローションは「適量をとり、肌になじませる」というとてもシンプルな使い方。さっそく手に出してみます。ボトルの口がちいさめなので、ぼたぼた出てくることもなく、さかさまにしてちょっとふるとちょうどいい量がでてきました。

このあとうっかりルメディカACNローションのボトルを倒してしまったのですが、口が小さかったおかげでこぼれることなく済みました。出し過ぎて使いすぎることもないし、ちょうどいいボトルなのが好印象です。

手に出してもピンクなのかな~と思いながら出して見ると、思いのほか、ふつうに透明でさらっとしたローションでした。そして気になるニオイですが、まったくなし!

こういったニキビケア商品って、ニキビ菌を退治するために結構強めの消毒液っぽいニオイがするものが多いのですが、ルメディカACNスキンローションはニオイまったくなしです!

ルメディカACNスキンローションにどれだけ鼻をちかづけて一生懸命かいでみても、アルコールっぽいニオイはもちろん、とってつけたようなバラの香りだとか、ふんわりいい香りすらなく、ただただ無臭でした。これはニオイがあまり好きではない私にとってかなり良いです。

ルメディカACNスキンローションを付けてみました。

ルメディカACNローションは、さらっとした液体ですが、肌につくとしっかりくっつく感じがあります。おかげで付けたそばからサラサラ流れるなんてことがありません。ルメディカACNローションは、肌にすぅっと吸いつくようななめらかさがあり、とてもぬりやすいです。

ルメディカACNローションはジェルではないけど、ジェルに似た吸着力のよさです。

ルメディカACNローションは、肌につけても低刺激…というより、刺激が一切ありません。もちろん肌につけて、ぬりひろげていてもニオイはまったくしませんでした。

公式サイトはコチラへ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。