乳幼児から大人まで楽しめる!ひらパーこと「ひらかたパーク」の魅力とは?!

大阪のアミューズメントパークと言えば?
「ユニバーサルスタジオ!」とお答えになる方も多いかと思います。

たしかにユニバーサルスタジオジャパンは楽しい!ハリーポッターエリアや、ミニオンパークもでき、平成32年までにマリオやポケモンなどを扱う任天堂エリアもできるという噂。大人も子供も楽しめるアトラクションが豊富で、時間を忘れて楽しむことができます。
しかし、こう思っている方も多いのではないでしょうか。
「ユニバは広すぎる…」
「小さな子供連れで行くのは、結構キツい」
面積が広い分、楽しめるエリアも多いユニバーサルスタジオですが、小さな子供と行くと全エリアを回るのは結構難易度が高いですよね。
子供が「歩き疲れた~」「並ぶのイヤー!」なんてダダをこねると、楽しい気分も一転「せっかく来たのに、文句言われるなんて…来なきゃ良かった」なんてことも。

「子供とアミューズメントパークを無理なく楽しみたい」「子供向けアトラクションの多いところがいい」「できれば空いていて、待たずにアトラクションに乗れるといいな!」そういった方におすすめなのが、ひらパーこと「ひらかたパーク」なのです。

ひらかたパークの所在地は大阪府枚方市枚方公園町1-1。最寄駅は京阪本線枚方公園駅です。パーク隣接の駐車場(普通車1日1,500円)もあるので、車から降りてすぐ遊園地内に入ることができます。
入園料は大人(中学生以上)1,400円、子供(2歳~小学生)800円と、とてもリーズナブル!この価格なら、万が一子供に「もう飽きた~」「帰りたーい」と言われても、「まぁいいか」となりますよね。

ひらパーの良いところは、入ってすぐのところにアトラクションが密集している、ということ。メリーゴウランドであったり、水のうえを船に乗ってぷかぷか浮かぶような小さな子供向けアトラクションや、ミニジェットコースターなどちょっと大きい子供向けアトラクションまで、20個近いアトラクションが密集しています。

園内をゆっくり走る汽車や、室内で遊べるアトラクションも、真ん中のエリアに密集しています。


あちこち歩き回らなくても、ある程度のアトラクションは乗ってしまえますし、どのアトラクションも回転率が良いため比較的空いています。平日や、ふつうの土日ならほとんど待つことなく乗ることができます。
ゴールデンウィークや夏休み、年末年始なんかは若干混んでいますが、お父さんやお母さんが代わりに並んで、順番がきたらお子さんを列に入れて順番をゆずれば、子供は待たずに乗ることができます。

ちなみに我が家がゴールデンウィーク初日に行ったときでも、汽車アトラクションは15分待ち程度、アンパンマンの座席に座ってぐるっと一周回る「アンパンマンハッピースカイ」は10分待ち程度、一番混んでる子供向けジェットコースターでも、20分待ちで乗ることができました。
どのアトラクションも親が並んで、順番がきたら子供を呼び寄せる作戦でいきましたが、スタッフさんにとがめられたり、交代NGになることは一切ありませんでした!

アトラクションの多い広場には、マクドナルドやポムの樹など、座ってご飯やスイーツを食べられる飲食店もあるので、小さなお子さんでも休憩をはさみながら、無理なく楽しむことができますよ。

ひらかたパークを最安値で満喫するには?!

ひらかたパークは入園料だけなら安いのですが、乗り物に乗るためにはお金がかかります。1つ300円~500円なので、いくつも乗ると、それなりにお金がかかることに…。
「できるだけ安く楽しみたい!」という方は、フリーパスを買いましょう。フリーパスは小学生以上3,000円、2歳~幼稚園1,800円です。フリーパスは入園料が含まれていないので、入園+フリーパスになると、小学生以上は4,400円、2歳~幼稚園児は2,600円ということになります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。