小学校のPTA役員の仕事

初めて小学校入学、期待に胸を膨らませる我が子を見ながら皆さんが不安に思っていること…
それはPTA。PTA役員に当たったらどうしよう…忙しいんじゃないの?

どんなことをするの?学校に頻繁に出向かないといけないの?
初めての体験ですと、たくさんの疑問が湧いてくると思います。

そんなPTAに今年度初めてチャレンジ中の私。今回はそんな初めてのPTAについて、私が感じたこと、また大変だと感じている部分を、まだ途中段階ではありますが、書きたいと思います。

PTAを引き受けた経緯

我が子の通う小学校では、6年間に1回PTAを引き受けるというのが約束です。

これは各学年の役員を決めるというもので、6学年のPTA全体をまとめるような大きな役員の話ではありません。その為まだ気楽なものですが、それでもやはり1年間は会議の出席や学年で決まっている行事への参加もあります。

もちろん出産を控えているなどの正当な理由で辞退することは可能ですが、専業主婦だろうと仕事を持っていようと関係ありません。基本的には事前アンケートが配布され、そのアンケートを元に立候補した方の中から役員が選出されるのですが、立候補がなければくじで決まります。

そんな小学校のPTA、学校ごとに色々な決まりごとや役職はあるかと思いますが、うちの小学校では1年から3年のPTAが特に人気があります。やらなくていいものならやりたくないけど、やらなければならないなら低学年で…という話をよく聞きます。

何故なら4年生には二分の一成人式があるからです。この行事、PTAが主体になるのでかなり大変なようです。また5年生では自然学校、6年生では卒業式やそれに向けてのめまぐるしい行事。大掛かりなイベントが少ない低学年が人気なのは頷けます。

もちろん私もその噂を聞いていたのですが、1年生では下の子供の幼稚園入園もあり遠慮しました。それでも1年生の保護者のほとんどがPTA役員選出の会議に参加されていました。そして2年生になって、早めに役員を終わらせたくて立候補してみた私。

PTA役員選出会議…そもそも立候補してない方は、立候補がいるだろうし会議にでなくてもいいでしょ~くらいの勢いなのか、はたまた1年ですでに終わらせているのか、1年のときの5分の1くらいの参加者の中で役員選出が行われました。その空気の重々しさが半端なかったです。

無事学年のPTA役員(計6名)のうちの1人に確定

最低各クラスに1名は必須で、学年全体では計6名が必要な学年のPTA役員ですが、運良く5名がバランスよく立候補しており、残りの1名は、事前アンケートで「立候補がなければ引き受けます」と回答していた方が引き受けてくださいました。

こうして意外にも早く決まったPTA役員。すぐに1年から6年までのPTA役員全体をまとめる一番大変な役員さんが、6名の役割を決めるべく話し合いを開いてくださり、代表や副代表、その他もろもろの仕事の割り振りを決めていきました。

私は代表や副代表はまぬがれたものの、ちょっと荷が思い役割を引き受けました。しかしまだそちらは動きがないので、1学期で経験したPTAでのあれこれについてここから書いていこうと思います。

PTAの仕事

PTAは、保護者と先生の会であり、家庭と学校とが協力しあって教育効果を上げるための組織です。こう書くと難しいですが、要は保護者と先生でいろいろな取り組みを行い、児童を見守っていくというところでしょうか。

PTA自体は子供が入学すると保護者は必然的に加入という形ですが、その中で役員になった場合の主な仕事としては、「愛護」という児童の安全確保に努めるような取り組みをいろいろな場面で行っていたり、学校の遊具やその他の施設の向上のために「ベルマーク集め」を中心になって行ったりと、それぞれが担う仕事もあります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。