初めての出産は不安がいっぱい

妊娠、出産。人生での命がけの一大イベント。初めてだと、不安なことばかりですよね。

特に出産って、どれくらい時間がかかるんだろう?
どれくらい痛いんだろう? 陣痛ってどんな感じ?

考え出したらキリがない上、本やネットで調べても、やっぱり大変そうで、自分には耐えられるのだろうか?なんて余計に不安になってしまうことも。初産だと、陣痛から出産にかかる時間は平均で12~15時間だとか。陣痛だけで何時間どころか丸何日も痛みに耐えたという話も聞きます。

でも、心配しないでください。比較的ラクな出産をする場合もあるんですよ!私はかなりお産がラクな方で、陣痛から出産までトータル7時間ほどで済みました。しかも陣痛で苦しんだ記憶もあまりなく、退院時には産みの苦しみはほとんど忘れているという…。

世の中の出産を控えたプレママさんに、こんなあっさりした出産もあるんだよ、心配しすぎないで!とお伝えしたくて、自分の体験談を書いてみようと思います。

これって陣痛?~出産前日~

出産前日は妊娠38週6日、妊婦健診の日でした。

午前中に病院に行って健診で子宮口の開き具合を確認(出産には子宮口が全開の10cmまで開く)、「すでに4cm開いているから、もういつ陣痛が来てもおかしくないよ」と言われました。「予定日までには絶対産まれてるから」と太鼓判を押され、健診の帰りに寄った義実家で、「もう子宮口が5cmになってたりして~」とか笑いあっていました。

その日の夜、どうも定期的におなかが張っている気が。でも、陣痛って痛いんじゃなかったっけ? これって陣痛? とかなり半信半疑。

病院からは、10分間隔で陣痛があるなら連絡するようにと言われていましたが、時計とにらめっこしつつおなかの張る間隔を計ってみても、10分間隔というにはちょっとバラつきもあるような…。まあ、もし陣痛なら痛くなってくるだろうから寝ていられないだろうし、寝られるときに寝ておかないと!と、その日は気になりながらもいつもどおり寝てしまいました。

本陣痛が来た!~出産当日午前~

結局、普通に寝ることはできて、出産日当日の朝。出産したら子連れで外食とかしにくくなるし!と、旦那とランチに出かけようかと準備をしていると、定期的な張りが(10時頃)。

ん、これは…?と思うようなちょっとした鈍痛を感じはじめましたが、この鈍痛、便意をもよおしたときの痛みと同じで、まさか陣痛とは思えず、でも念のためと1時間ほど様子を見ることにしました。

ちなみに、この時点ですでに張り&痛みは5分間隔。もし本陣痛だったら、すでに入院していなきゃいけない間隔です。 でも、もし入院するのであれば買い足したいと思っていたものがあったので、痛みもまだ我慢できるしと、車でちょっと買い物に出かけました。 そして、買い物から戻る頃には、痛みがあるときに動くのはちょっと支障がある程度にまでなっていたので、さすがにこれは陣痛だろうと病院に連絡することにしました。

とうとう入院です~出産当日正午過ぎ~

陣痛がきたときには必ず本人から連絡をと病院に言われていたので、電話をかけて現状を報告。でも、声に余裕があると思われたようで、昼食をとれるなら食べてくるように言われます。

さすがに、定期的にくる痛みを我慢しながらごはんを作る余裕はなく、お弁当を買ってきてもらい、完食(結構ボリュームがあったのですが)。平気でお弁当を食べていましたが、痛みはすでに3~4分間隔になっていました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。