「五月山児童文化センター」プラネタリウムも楽しめる!

大阪府池田市の昔からある子ども向けの施設として、「児童文化センター」があります。

市内には「五月山(さつきやま)児童文化センター」と「水月(すいげつ)児童文化センター」の2カ所があり、どちらも普段から無料開放されていて、休館日以外はいつでも楽しめるようになっています。そのうち「五月山児童文化センター」の方は、小さいながらもプラネタリウムがある施設となっていて、私が子どものときにはとてもお世話になった施設でした。

先日、実家に帰省しているとき、たまたま地域の掲示板の掲示物に、その児童文化センターのプラネタリウムで「よちよちプラネ」という未就学児向けの特別番組をやるというのを見かけ、子どもが興味をもつかも?と思い、久しぶりに行ってみることにしました。

さすがに10か月になる娘にはまだプラネタリウムはわからないかと思ったので、4歳の娘だけ連れて行ってみたのですが、児童文化センターにはプラネタリウムだけでなく他にも子どもが遊べるところがたくさんあり、すべてを楽しむことができたよう。

プラネタリウムの方は、基本的に平日は上映していませんが、今回のような未就学児向けの番組はたまに平日にも上映しているようですし、土日であれば(内容は日によって違いますが)決まった時間に上映しているらしく、そちらも楽しむことができました。

古い施設ではありますが、短時間の上映とはいえ無料で見られるプラネタリウムに、ちょっとしたゲームが置いてある室内のあそび場、そして児童文化センターの裏手には公園自体は小さいながらも立派なすべり台が設置されていたりと、暇なときに子どもを連れていくのになかなかいいところだと、今回久しぶりに訪れてみて改めて思いました。

今回は、そんな「五月山児童文化センター」(「五児文(ごじぶん)」と略すそうです。かなり印象変わりますね)をご紹介したいと思います。

施設情報とアクセス


・住所:大阪府池田市綾羽2-5-9
・営業時間:9時~17時
・休館日:月曜日・火曜日・祝日・年末年始
・交通アクセス
阪急バスを利用する場合:阪急宝塚線「池田駅」(3番のりば)より1番バスで約5分
「五月山公園大広寺前」下車 徒歩5分
大人 220円/小人 110円
徒歩の場合:五月山に向かい北上、約20分
※駐車場はありません。

五児文1階

まず、入口を入ってすぐのところに受付簿があるので、名前を書き、靴をスリッパに履き替えて入館します。

入ってすぐ右側がカーペット敷になっており、こちらはスリッパを脱いで遊ぶ遊戯ゾーンとなっています。ここの棚にはいろいろなゲームが置いてあり、好きなゲームを出してきて遊ぶことができます。例えば、懐かしの野球盤や、家庭用エアホッケー、オセロなどちょっとした頭を使うゲームなど多数そろえられていますし、わなげや積み木なども置いてあります。

ちなみに、積み木は大きめのものがあり、組み立てると子どもであれば上に乗れるようなサイズであるため、子どもたちにかなり人気があるようです。私たちが行ったときにも、小学校低学年くらいの男の子が上手に積み上げていて、立派にできた建造物(?)を自慢げに見せてくれました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。