育児中言われて傷ついたことは何?子育て主婦100人に聞いた結果!

子供を産めば母親になりますが、母親になったからといってなんでも完璧にできるようになりませんよね。

「これでいいのかな?」「どうすれば上手くいくんだろう」と毎日試行錯誤しながらお子さんと向き合っているお母さんがほとんどかと思います。

そんななか、周りから心ない一言を言われて傷ついたお母さんもすくなくないはず。

「なんでミルクなの?母乳はでないの?」「そんな薄着で、可哀想に」「癇癪がひどいのは、育て方が悪いからかしら」など、相手がなにげなく言ったことでも、グサッと突き刺さってしまう一言ってありますよね。

今回は、子育て主婦が言われて傷ついた言葉を、アンケート調査してみました。

あなたが育児中に言われて傷ついたことは?


僅差で二位の「夫や親からの育児方針の否定」をおさえて、一位になったのが「他人からの可哀想など、的外れな助言」でした。いるんですよね、全然関係ない他人のくせに口出ししたがるおせっかいなひと。

今回あつまったアンケート回答は、どれも「なんてひどい言い方!」「こんなこと言われたら、私立ち直れない…」と同じ子育て主婦なら共感し、自分が言われたような気がして落ち込んでしまう内容になっています。

いまナイーブになっているひとは見ないほうがいいかも知れないので、ちょっと閲覧注意! では、それぞれのコメントを見て行きましょう。

★他人から「かわいそう」など、的外れな助言・・・24%

・見知らぬおばさんに電車内で「母乳?ミルク?」といきなり聞かれ「ミルクです」と答えると「かわいそうな子だね。お母さんおっぱい出そうなのにねぇ」と見た目で判断されたことが嫌でした。(千葉県・29歳・女性)

・人見知りが激しい子だったので年配の人たちに人見知りで泣くのは親が神経質だとよく言われた事がとてもいやでした。(兵庫県・40歳・女性)

・上の2人は歩いて末っ子をベビカーに乗せて歩いたいたら、歩いて可哀想にって言われたのが嫌でした。歩かないと体力付かないから歩いていたのに。(愛知県・32歳・女性)

・なんでもかんでも可哀想というおばさんに遭遇したのがとても嫌でした。例えば暑いので半袖を着せて抱っこ紐で買い物に行くと、こんな暑いのに連れ回して可哀想など言われてとても嫌でした。(岩手県・25歳・女性)

・子どもがおもちゃを買ってもらえなくて泣きわめきをしている時、ショッピングセンター内で腕を引っ張っていたら、独身風の2人の女性に「かーわいそー」と言われたこと。(愛知県・37歳・女性)

コメントを読んでいるだけでも「可哀想なのはお前の頭だよ!赤の他人に、しかも出会いがしらになに言ってんだ!」と言い返してやりたくなります。

実際に言われたひとも言い返したい気持ちになったでしょう。

でも、子供を連れていると、頭のおかしいひとに反撃する余裕もありませんし、逆上されて子供になにかされたら…と思うと、なかなか言い返すこともできないんですよね。

なんでもかんでも可哀想と言いたがるひとは、ネット上でしばしば「妖怪可哀想ババア」なんて呼ばれています。妖怪可哀想ババアは得てして通りすがりの一瞬に、さらっとこういった発言をしていきますから、言われたことを理解し、怒りがわいてきて、言い返してやろろうと思ったときにはもういない、なんてことも。

「可哀想」や、的外れな助言は腹が立ちますし、傷つきます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。