春華堂「うなぎパイファクトリー」への工場見学

静岡土産で有名な「うなぎパイ」。
「春華堂」の代表的なお菓子です。

静岡に訪れたことがなくても、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「春華堂」は浜松の代表的なブランドで、和洋菓子や上生菓子・ケーキなどの洋生菓子も扱っているそうですが、特に県外にもその名が有名な「うなぎパイ」は、静岡土産として県内のあらゆるところで販売しています。

「春華堂」の店舗は県内にいくつかありますが、その中の一つに「うなぎパイ」を生産する、その名も「うなぎパイファクトリー」という工場があり、こちらでは工場見学ができるようになっています。

この「うなぎパイファクトリー」は工場見学だけでなく、施設内に「うなぎパイカフェ」が併設されており、このカフェもオススメポイントの一つとなっています。

今回、「浜松パルパル」に泊まりで遊びに行くことにしたので、せっかくなので1カ所くらい観光もしようと、「浜名湖パルパル」から車で20分かからずに行けるという、以前から行ってみたかった「うなぎパイファクトリー」(本当に行きたかったのは施設内の「うなぎパイカフェ」だったのですが…)に立ち寄ってみることにしました。

今回は、不思議とうちの4歳の娘に好評だった「うなぎパイファクトリー」についてご紹介したいと思います。

店舗情報と交通アクセス


・住所:静岡県浜松市西区大久保町748-51(協同組合浜松技術工業団地内)
・営業時間:9時30分~17時30分(7,8月のみ9時30分~18時)
・カフェ営業時間:9時30分~17時30分(17時オーダーストップ)
・定休日:年中無休
※メンテナンスのため臨時休業があります。事前にホームページでご確認ください
・駐車場:無料
・交通アクセス:浜松ICより車で20分
※公共機関を利用する場合、路線バスだと最寄りのバス停「大久保」から徒歩30分もかかるとのこと。「JR高塚駅」よりタクシーを利用する方がよさそうです(約10分)

「うなぎパイファクトリー」内の見学

駐車場で車を降りてまず目につくのは、駐車場内に停めてある大きなうなぎパイのトラックです。

おそらくPRカーだと思われますが、見学者へのサービスの一環として置いてあるのであろうそのトラックは、荷台のところがうなぎパイになっていて、とても可愛い見た目になっています。車に興味はないのですが、そのトラックのミニカーだったら欲しいと思うくらいに可愛く、観光に訪れた方々がそのトラックの写真を撮っていました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。