ブリアン「歯磨き粉」レビュー&効果を検証|大人にも使ってみた!

小学生になり、下の歯が二本抜け、上の歯もぐらぐらしているうちの子。

幸いいまのところ虫歯はありませんが、これからどうなるか分かりません。

小学生になったとたん「ママ、仕上げ磨きはいいから!自分で最後までやるから」と歯磨きを全部自分でするようになったので、歯を覗く機会も激減しました。子供は「磨けてるよ、ちゃんとできたよ」とは言うものの、本当にきれいになっているのやら…永久歯が虫歯になってしまったら、と思うと心配でなりません。

そこで、より歯に良い歯磨き粉をと、今回ブリアンという歯磨き粉を使ってみることにしました。これまで市販の安い歯磨き粉を使っていたうちの子ですが、すべてチューブに入ったペーストタイプだったので、ブリアンのような粉タイプははじめて。

通常価格1箱7,800円とめっちゃ高いブリアンなので、1包で「いらない」とか言われたら嫌だなぁと思いつつ、子供と使ってみました。

初ブリアン子供には大好評

ブリアンはピンクの可愛い個包装で、1箱に60包入っています。箱は子供でも片手で持てるかわいいサイズで、箱全体にフィルムがかぶせてあって衛生的です。

毎食後1包ずつが目安ということで、夕食後の歯磨きに使ってみました。ブリアンは、手のひらかお皿のうえに出して、毛先をしめらせた歯ブラシにくっつけて使います。

お皿の上に出して見ると…開けた瞬間ふわっと甘いイチゴの香りがしました。
イチゴ果汁などはまったく入っていないので、これは香料の香りということですね。

「無添加」を謳っていたので信じて買ったのに、香料は入っているという…。しょっぱなから裏切られ感がすごいです。でも、市販の歯磨き粉でもメロン味やイチゴ味はあるし…と気を取り直して、使います。

歯ブラシをしめらせて、ブリアンにちょんちょんとつけてみると、思ってた以上にブリアンの粉がくっつきました。しっかりくっつくので、歯ブラシを縦にしても粉が落ちてきません。

ブリアン、出したときはさらさらっとお皿に流れ出たので、粒は小さめなのかと思っていましたが、そうでもありませんでした。むしろ粒は大きめです。ブルガリアヨーグルトについてくる顆粒状のお砂糖くらいの粒の大きさです。

歯ブラシについていたわずかな水分で、粒同士がくっついて、まるで磁石にすいつく砂鉄のごとく歯ブラシにつきました。歯ブラシを軽くこするようにすると、歯ブラシの隙間までブリアンの粉がどんどん入ってくるので、つけ直しが面倒な場合は最初にごっそりつけておくといいと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。