小田原の歴史や楽しみ方|おすすめ観光地&食事

小田原について、どんなイメージがありますか?小田原城、城下町、かまぼこ、魚が美味しい、箱根が近い、そんなところでしょうか。

私は小田原で生まれ育ち、大人になってからも断続的に暮らしています。

そんなわけで、観光というよりも生活よりの小田原の紹介を、思いつくままにお伝えします。

小田原市内の中にもヒエラルキー

小田原市は神奈川県の西部に位置する20万人都市です。温暖湿潤な気候と自然、歴史文化がウリのまち。東京から新幹線で36分ほどと近いものの、小田原は結構田舎です。

ですがその中でも、都会、田舎があって、ヒエラルキーがあるのです。小田原城近くは都会、高級住宅街とされていて、端の方は田舎といった扱いで。

端の方の小学生だった当時、子供ながらに田舎の中の田舎だと理解していました。当時、小田原市内には26校あったのですが、赴任してくる先生が、挨拶のときに「自然がいっぱい」「山に囲まれて」といった言葉を頻発していました。

いつも、変わり映えのしない、退屈な挨拶だなと思っていました。当時はその環境が当たり前なので、それが素晴らしいとも特に思わなかったですし、その言葉にはディスりまじりの時も多々ありました。

先生たちは、たいていが市内でももっと都会の小学校から来るので、そういうところにいたことを誇りにしているようでした。どんぐりの背比べですね!

大人になってから同じ小田原出身の人と話す機会もありましたが、どこの小学校出身かという話になると中心地近くの出身の人は自然と上から目線になっています!どんな環境でも、ヒエラルキーは築かれるのかもしれませんね。

ちなみに、小田原の小学校の校庭には、二宮金次郎の銅像があるところが多いです。彼の生家も残っています。

私の叔父は川崎からお嫁さんを貰ったのですが、当時、「もっと文化的な街だと思っていたのに、来てみたらイメージと違った」と言っていたようです。むしろそんなイメージがあったんだとびっくりしましたが。

ヒエラルキーにちなんで階段の写真を。これは小田原駅構内の階段。カロリー表示付き。

大人になってからの遊び方

成人式が開かれると、同窓会のような状態になるので、そこから小・中学校の同級生同士の交流が再開します。

小田原駅周辺は22時に閉まってしまう飲み屋さんが多いので!その後は安い居酒屋にいくこともあります。カラオケもかなり定番でした。

のまない友達に車で迎えにきてもらったりしていましたね。住みやすいのか、割と大人になっても地元に残る人が結構います。

言葉遣い

方言というほどのものはないのですが、元SMAPの中居君みたいな喋り方がローカルな言葉です。地元に残った男の子は使うことが多いですね。一度でも上京したりすると全然使わなくなります。

私は使いませんでしたが、女の子でも、「そうけ?そうなのけー?(そう?そうなんだー?)という子も稀にはいます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。