自宅リフォームでの注意点|自分の目で確かめることが大事!

人生で1番大きな買い物と言えば「家」ですよね。

我が家も持ち家ですが、購入したのは6年前、その当時で築14年を迎えた中古マンションです。中古という事はやっぱりリフォームが必要ですよね。できるだけ低価格で…と思いながらも、しっかりした性能や保証は必要ですよね。

当時1歳の息子を抱えていた私。色々な展示場を見に行くなんて無理だから業者さんが選んでくれた物や、カタログで選んじゃえ!っと思っていたのですが、母に止められしっかり業者さんやメーカーさんと話し合い、多方納得のいくリフォームができました。

そんな当時の色々な問題点やこうして良かったと思ったリフォーム体験を、まとめていこうと思います。

主人も私も育ってきた環境は戸建

私も主人も実家は戸建だったのですが、小さい時からメンテナンスにおいてちょこちょこトラブルがあったりしました。

その度に母親が電話帳を広げて業者探しをしていたのも見てきましたし、庭があれば庭の管理に防犯対策、家の周りの溝の掃除や、ゴミの日にいたっては散乱したゴミを掃除しなくてはならない…という、色々なメンテナンス面や、管理面から、マンションを希望していた私。

分譲マンションなら管理人さんがメンテナンス面をサポートしてくださるし、防犯上も心強い。でも西宮ということで、新築はもちろん、中古マンションもそこそこのお値段。そんな中で、ひょっこりネットで物件を検索中に見つけた今の家。

築14年ということで、一生の棲家になるかはわかりませんが、とにかく西宮で定住したかったのと、築14年とは言えこの辺りでは価格的になかなか見ないお得物件だったので、とりあえず内覧に行きました。

やっぱりリフォームは必要!

内覧をした時の1番の印象は「思ったより綺麗」という事。

以前住まわれていた方は、お歳を召されたおばあ様で、1人暮らし。犬を飼われていたようですが、犬の爪跡もありませんし、壁にも目立った汚れもありません。水回りもとても綺麗に使われていていました。

おばあ様がご病気で入院されて、そのまま病院で亡くなられたと売主であるおばあ様の娘さん方から聞いていたので、恐らくお手入れは娘さん方がされていたと思います。とても良い方で、そういう面でも安心できたので購入を決めました。

でもキッチンもお風呂も性能的には年月も経っているのでそれなりに旧式。もちろんまだ使えるのですが、後々リフォームをするのも住んでいながらの作業になるので大変。という事で思い切って水回り&壁紙のリフォームを決意しました。

不動産屋さんの紹介で業者を決定

さて、リフォームを決意するも良い業者さんが分からない。そこで物件の紹介から引渡しまでを担当してくれた不動産屋さんが提携している業者さんを教えてくださいました。

まず不動産屋さんが大手だったので、紹介してくれる業者さんもきっと信頼がおける大手なんだろうと思いきや、まさかの聞いたこともないような、しかも少人数で営んでいる業者さんでした。

でも、担当してくれた業者さんの取締役Nさんの人あたりがとても良く、全力でやります!という方だったので、大体の見積もりを出してもらい、これ以上は払いません!という契約のもと、お任せしてみることにしました。

カタログでおすすめ提示

契約した後、すぐに送られてきたのが水回りのカタログ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。