ゴキブリ【害虫】退治|5年かけて実現

新築した家にゴキブリなんて出ないでしょ?
そう思って暮らし始めた1年目の夏、出ました…。

リビングでテレビを見ていたら、足がちくっとして、見たら、なんとゴキブリがいたのです。「新築なのにゴキブリ?!っていうか噛まれた!?ゴキブリって噛むのー!?」とパニック。噛まれた衝撃で怒りも増し、夫婦で追いかけまわしてなんとか退治しました。

噛まれたところを徹底的に消毒しまくって、事なきを得ましたが…、新築にゴキブリが出た、しかも噛まれたというショックはぬぐい切れませんでした。

そこからはじまった、私vs.ゴキブリの日々。といっても年に2~3匹出る程度でしたが、それでも嫌なものは嫌です。

徹底してゴキブリ対策を重ね、どこから侵入しているのか、どうすればでなくなるのか、さまざまな策を講じた結果、今年ようやく1匹もゴキブリがでませんでした。これまでの苦労と、私がやったゴキブリ対策をすべてご紹介したいと思います。

見つけたら即仕留める

まずゴキブリが出たら、逃がさず即仕留めましょう。
やつらはすこしでも目を離すとすぐに逃げて、あらゆる隙間に隠れます。

隠れてしまうと再度探すのは困難を極めます。「もう外に出て行ったのかしら…」なんて油断した時に限ってまた出てきて、ギゃーっとなります。

即仕留めるためのおすすめが、ゴキジェットプロ。凍らせるスプレーや、泡でとらえるスプレーなんかを使ったこともありますが、あれはダメです、ゴキブリの生命力のほうが勝ちます。瞬殺力と狙い撃ちという点で、個人的にはゴキジェットプロが最強だと思います。

実際ゴキジェットプロで退治したところ、直撃せず軽くかかった程度でゴキブリがひっくり返ってもだえました。もだえている間に2撃目をスプレーすると、あっという間に死にました。スプレーの威力もかなりのもので、隙間に逃げたゴキブリにも届き、確実に仕留めることができます。

我が家はゴキジェットプロを3つ買い、洗面、キッチン、玄関にそれぞれ置いてます。一家にひとつだけだと、ゴキジェットプロを取りに行く間に逃げられてしまうので、ゴキブリが出そうなところには常備しておくことをおすすめします。(ただし小さいお子さんが誤って使うといけないので、手の届かないところに)

出現したらバルサンかアースレッド

出たゴキブリを仕留めたあと、あるいは取り逃がしてしまったあとは、バルサンかアースレッドを炊きましょう。出たゴキブリを仕留めたとしても、ほかにも侵入しているかもしれません。最悪の場合、家のなかで繁殖している可能性もあります。

くん煙剤をまくことにより、隠れているゴキブリや、見つけにくいちいさな赤ちゃんゴキブリも徹底的に駆除することができます。

くん煙剤をまくときは、キッチンや洗面、トイレ、玄関のシューズクローゼットなど、あらゆるところの引き出しや棚をあけるようにしましょう。そうすれば隅々まで煙が行きとどき、隠れているゴキブリをいぶり出すことができます。

また、くん煙剤の殺虫成分がすみずみまで行きわたることで、害虫が入りにくくなる忌避効果も期待できます。

くん煙剤を使うときは一応精密機器は煙がかからないように配慮しておいたほうが無難です。私はパソコンやテレビなど、家電製品にはビニル袋をかけて保護して、コンセントもできるかぎり抜いています。あと、犬や猫、魚や小動物など飼っている場合は、かならず煙のかからない屋外に非難させるようにしましょう。

くん煙剤は1度だけではなく、できれば2~3週間後にもう一度使うようにしましょう。生きているゴキブリは1度のくん煙剤で倒せるのですが、卵の状態ではくん煙剤がききません。卵が孵ったタイミングを狙ってもう一度くん煙剤をまいておくと、より確実にゴキブリを駆除できます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。