子供のヘアカット!胎毛筆&大阪市内でおすすめのキッズカットのお店

産まれたころはつるつるだった頭も、だんだん毛が生えてきたかと思えば一気に伸びて…

これどうするの?赤ちゃんなのに美容院なんて行っていいの?と、ぼさぼさになってしまった髪の毛に、戸惑っている親御さんも多いのではないでしょうか。

座ってじっとできるくらい大きくなれば、ヘアサロンへ気兼ねなく行けますが、乳幼児期の赤ちゃんにとってはじっと座るなんて至難の業。今回は赤ちゃん~幼児期のヘアカットについて語ってみたいと思います。

赤ちゃんのころは親が抱っこしてカット

筆者の子供は、産まれて半年で美容院へ行きました。もともと毛の多い子だったのですが、あれよあれよという間にどんどん伸びて、生後半年でぼさぼさになってしまったからです。

自宅で切ることも考えましたが、私は美容のセンスが壊滅的にありません。自分の髪すら切ったこともありませんし、子供はまだ生後半年でぎりぎりお座りができる程度。じっと座っているなんて不可能ですし、とにかく動きたがります。自宅で切って怪我をさせたり、ひどいヘアスタイルにするくらいなら…と美容院を選んだのです。

行ったのは近所の個人店、いわゆる床屋さんです。
キッズ(ベビー)料金設定のないお店だったので、カットだけで3,000円かかると言われました。

事前に調べていた、ベビーカットもやっているチェーン店なら2,000円弱と知っていたため、すこしためらいましたが…顔見知りのお店でしたし、失礼ながら大盛況しているお店でもなく、ちょうど行ったときは他のお客さんがいなかったので、じっくり時間をかけて切ってもらえるならいいかな、もし泣いても、他のお客さんに迷惑にならないなら…と、お願いしました。

まだ自力で座れなかったですし、動くと危ないので、まず私が座って、子供をひざに抱いた状態で切ってもらいました。

子供は泣くかなと思いましたが、はじめての場所にポカーンとしたままなされるがまま状態。でも、だんだん慣れてきて状況がわかってくると、泣き始めてしまいました。切った髪が顔にくっついたり口にはいったり、さらに泣き声が大きくなります。乾いたタオルで髪の毛をはらってやるものの、タオルで撫でられる不快感も加わりさらに泣きます。

「もうちょっとだからね~」「かっこよくなってきたよ!」となだめつつ、横では別の美容師さんが「ほら、アンパンマンあるよ~!トミカもあるよ!」とおもちゃで気をそらしつつ。美容師さんも、私も、そして子供も汗だくになってなんとか20分ほどかけて、人生初散髪がおわりました。

初ヘアカットの失敗

「せっかく切るんだから、しばらくヘアカットしなくていいくらいばっさり切っちゃってください!」と、かなり短めに切ってもらったので、高校男子みたいな仕上がりになってしまいました。

さっぱりしたのはいいのですが、赤ちゃんらしさがなくなってしまったので、たとえ男児であっても切りすぎは要注意です。

もうひとつ、失敗したなと思ったのが、子供にだけカバーをかけてもらったこと。抱っこしている私はノーガードだったため、子供の髪まみれになってしまいました。反省を生かし、2回目からは親ごとガードしてもらっています。

家でヘアカットしてみたものの…失敗

美容院で2回切ってもらうと、もう子供も「ここは髪を触られるところだ」とわかるようで、3回目からは行くとすぐ泣いてしまう始末。なだめても、おもちゃでつってもまったく効果がなく、せっかく行ったのに切れないということが続きました。

寝ているときに連れて行ったこともありますが、美容院につくと起きてしまうのです…。そこで、「そんなに嫌がるなら、家で切る!」とやった結果がこちらです。

もののみごとに前髪ぱっつん。これでもまだマシになったほうで、切りたてはひどすぎて写真にすら残っていません。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。