子どものトイレトレーニング|潔癖症のママでも出来る!

子育てをしていて、1つ目の難関は「授乳」、2つ目の難関は「夜泣き」、3つ目の難関は「離乳食」…少し子育てが起動に乗ってきたと思ったらやってくる最大の難関で一番根気と手間がかかるのが「トイレトレーニング」ではないでしょうか。

授乳もさらっと出来て、夜泣きもなくて、離乳食はモリモリ!うちの子は超いい子!なんて思っていても、この「トイレトレーニング」って親の焦りや不安とは裏腹に、子供は子供なりの「乗り気」にならないとやってくれないのです。
この「乗り気」を「通常で当たり前のこと」へと移行させないと、「トイレトレーニング終了!」とはならないのです。

今回はそんな「トイレトレーニング」について、兄(8歳)妹(5歳)のトイレトレーニングをしてきた経験談と、潔癖症である私自身が今でも闘っている「外出先のトイレ」のあれこれについて書いていきたいと思います。

※ここでは主に「おしっこ」におけるトイレトレーニングについて書いていきます。

トイレトレーニングの開始時期

「トイレトレーニング」のはじめ時は、その子その子によってばらつきがあると思います。まずは「おしっこが出たよ!」という感触がわかった時がそろそろ始めていいよ~というタイミングだと私は思います。

おしっこが出た感触もまだ分からないのに、「おしっこ出そうになったら教えてね。」といっても分かる訳がないので…。私は2人とも「おしっこが出たよ」といい出した時からゆるくトイレトレーニングを開始しました。

トイレトレーニングを始めるにあたっての準備

おまる

我が家が購入したおまる。もう下の部分は早くから取ってしまったのでありませんが、こちらです。

たまたまトイレの台にジャストフィットして今でも下の子が「大」の時に活躍しています。

トレーニングパンツ

こちらは我が家のトイレトレーニングが終了してからまもなく2年程経つのでほとんど処分してしまいました。今のおむつは非常に通気性も良く、おしっこをしても不快感がほとんどないそうなので、なるべくトイレトレーニングすると決めたら、早い段階でおむつからトレーニングパンツに移行することをおすすめします。

トレーニングパンツとは、普通の子供用のパンツの前から後ろまでが、タオル生地になっていて、漏れは少量なら耐えられるような素材になっています。狙いとしてはおしっこが出たときの不快感を覚えて、出る前に母親に告げる癖をつけられるように…といったところでしょうか。

これは意外に根気のいる仕事です。漏らしては手洗いしてから洗濯機へ…普通のパンツよりは乾きが遅いので、10枚くらい替えがあった時期もありました。なので、パンツ以外の衣服の洗濯量も考えて、トイレトレーニングは洗濯物がよく乾く夏になるべく始めるほうがいいですね。

トイレトレーニングはストレスフリーで!

「おしっこ出たよー」の声を聞いていざスタートさせたトイレトレーニング。我が家の兄妹はそれぞれ2歳半からゆるーくゆるーく進めました。何せ母親のストレスになるのが一番よくありません。また、子供自身も過度のストレスを感じると我慢してしまったりすることもあるので、できるだけストレスが少ない状態で進めることをおすすめします。

そうは言っても周りの子供と比較してしまったり、祖父母に「まだおむつなの?」なんて言われてついつい焦ってしまいますよね。いつまでもおむつの子供はいないので、焦らなくて大丈夫!っと今ならそう力強く言えますが、初めての育児だと経験がないので悶々としてしまいますよね。

どうか周りの方も口を出すより積極的にトイレトレーニングに携わるか
そっと見守るか、どちらかにしてください。

トイレトレーニング開始!

さあ始まった「トイレトレーニング」。
どんな事から始めたらよいのでしょうか。

まずは声かけ

声かけのバリエーションは多彩です。
まずは「トイレ大丈夫?」です。大抵の子供さん、最初は「出なーい」とか「大丈夫―」という返答がくるかと思います。そんな時は、その返事をまずは受け入れ、その10分後くらいに「トイレ行ってみようかー♫」と誘います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。