「五月山公園」「五月山動物園」|池田市のお散歩コースにおすすめ!

大阪の中心地「梅田」から電車で約20分、大阪府の北部にある池田市。

ここには、春になると桜の名所として有名な「五月山公園」、そしてその公園に隣接する、無料で入れる小さな動物園「五月山動物園」があります。

阪急池田駅から大人の足で約15分、山に向かって北上していきます。坂を少しのぼることになるので、気候さえよければ、ほどよい運動となる距離です。実際に、オススメのハイキングコースの一部にもなっているのではないでしょうか。

桜の季節はもちろん、どの季節に行っても、「五月山公園」は大きな遊具やすべり台があって子どもは長く遊んでいられるでしょうし、「五月山動物園」では珍しい動物や小動物とふれあうことができるようになっているので、子どもだけでなく大人も十分楽しめる場所だと思います。

今回はそんな「五月山公園」と「五月山動物園」の魅力をお伝えしたいと思います。

「五月山公園」「五月山動物園」へのアクセス


・最寄り駅:阪急電車宝塚線「池田駅」(阪急梅田駅より急行で約20分)
バスで行く場合:阪急バス(東のりば)3番のりば(行先はどこでも大丈夫です)
「五月山公園大広寺」下車 徒歩3分
徒歩で行く場合:「池田駅」より北上 徒歩約20分
車で行く場合:第1駐車場(五月山体育館横)
第2駐車場(公園売店前)入口
第3駐車場(大広寺)下
※すべての駐車場が30分以内は無料。2時間以内は200円。2~3時間400円。3時間以上30分毎に150円追加されます。行楽シーズンはかなり混雑して満車になることも多いので、公共機関で来られる方が確実ではあります。

忍者になれる?「五月山公園」


二つの広場が南北にあるこの公園、南側の広場に平成26年3月に「忍者のとりで」という大型の遊具が設置されました。なんでも、忍者の修行の館をコンセプトとした遊具だそうで、子どもの身体能力を高める遊具アイテムがたくさん盛り込まれているとか。

この遊具、一つの大きな遊具の中で「初級ゾーン」「中級ゾーン」「上級ゾーン」と難易度が設定されています。たとえば「初級ゾーン」は迷路となっており、迷路の中にくぐったりまたいだりしなければならないところがあったり、少しだけ上ったり下りたりできるハシゴがあったりと、優しい障害物が設置されています。

これが「中級ゾーン」になると、綱を使った遊具が多く、遊び慣れているか、少し年齢が上の子でなければ難しいような内容だったりしますし、「上級ゾーン」になると、展望スペースなど、より高いところに登ったり、ちょっと高い位置からのターザンロープといった、ジャンプをした上で体を引き上げる腕の力がなければ上手にできない造りとなっていたりするなど、うまく難易度が引き上げられています。

そのため、小さい子どもを連れていくと、行く度に少しずつできることが増えていって、成長を感じることができるなかなか優れた遊具となっています。

実際にうちの4歳のおねえちゃんも、行く度に少しずつできるゾーンが増えていっており、前回は展望スペースに登る途中で怖いと泣き出してしまい、下りるお手伝いをしなければ動けなかったのが、気付けばさっさと上り下りができるようになっていたり、以前は全く手を出していなかった綱渡りのようなことにチャレンジして見事クリアしていたりと、行く度に確実に成長が目に見えてわかるので、親子そろって公園に遊びに行くのが楽しみとなっています。

こういった遊具遊びだと、遊び慣れている子がうまく遊ぶことができない子に教えてあげるということも多いようで、全然知らない子とも上手に遊具で遊ぶ方法を教え合って仲良く遊んでいる、というような微笑ましい光景を見ることもできます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。