腰痛を治したい!そんな方には体幹トレーニングがおすすめ!

皆さんヨガはよくご存知だと思いますが、それと並行して体幹トレーニングが流行っていますよね。

実践したことありますか?ゆっくりした動きのようでかなりきつい体幹トレーニング、私は絶対やるものか!っと思っていたのですが、あることがきっかけでチャレンジしてみることにしました。

まだ初めて1週間程ですが、少しずつ「あれ?ちょっといい感じかも…。」と思えるようになったので、その道のプロではありませんが、実際に参考にしているトレーニング動画や、トレーニングしていて感じたこと、また実際の辛さや効いている部分について書いて行きたいと思います。

体幹トレーニングを始めたきっかけ

私が体幹トレーニングを始めたきっかけは、酷い腰痛からです。

一人目を出産した8年前、産後1ヶ月頃に腰痛が酷くなり、まっすぐ立てなくなりました。鏡で身体を真正面からみると、右側の腰がくの字曲がっていて、その異様な私の姿に家族は唖然…。

すぐに接骨院にいったのですが、レントゲンとかはなく、マッサージと日にち薬で治していきました。それからも中腰や片方の腰に負荷がかかると、周囲の筋肉が固まってしまうようで、台所掃除や床掃除は負荷のかからないような姿勢でしたり、抱っこはなるべく左右均等にしたりすることで何となく改善されてきました。

抱っこから解放されつつある最近ではありますが、それでも時折酷い腰痛が突然やってきて、その時は腰をかがめることも伸ばすことも難しくなり、座っていないと耐えられない状態…洗い物も掃除もままならない状態になります。でも、主婦に休みはありません。

そんな中で酷い下腹部痛…。「まさか、何か婦人科系の病気で腰痛がきているのか?」と不安になり婦人科を受診したところ、腰痛に至るような病気はないという診断。これはもう自分の腰周りや骨盤がよくないと確信し、鍛えるという判断に至りました。

なぜ体幹トレーニングにしたか

体幹トレーニングってすごくキツイイメージがあったのですが、なぜ体幹トレーニングに決めたのかというと、ちょっと流行りにのってみたかったという気持ちがまず一つ。後は骨盤の歪み等をヨガやストレッチで整えながら、筋力もつけたいと思ったからです。

骨は筋肉に支えられているので、骨盤周りの筋肉が弱っていると、例え骨盤が正しい位置に治ったとしても、またグラグラになってしまいます。

また、私の食事は普段炭水化物に偏りがちで、筋肉になるようなものを普段それほど摂取していません。それほど食べていないにも関わらず、栄養バランスも偏り、さらに30代になると代謝も落ちることで、下半身が急に太くなりだし、骨盤に負担がかかってきているようにも思います。

食べないダイエットは子育てには絶対不向きですし、かといってバランスよくも難しい…。そんな中でとりあえず時間を見つけて出来る事はないかと思い、ネットで骨盤ゆがみについて調べてみると、「ヨガ」「体幹トレーニング」がたくさんヒットするではありませんか。

ヨガでも体幹は鍛えられるようですが、呼吸法を取り入れたり、時間をかける事があまり出来ないので、私は体幹トレーニングも合わせて取り入れる事にしました。

優雅な空間で行うようなスクールに通うには経済的余裕はありませんし、本を購入したくても、子連れで本屋さん…ゆっくり選べるわけがありません。ということで、私はYouTubeで動画検索して夜な夜なストレッチやヨガ、体幹トレーニングを始めることにしました。

体幹トレーニング、おすすめの動画は?

さて体幹トレーニングといっても、私のような筋肉が衰えているような初心者ができるものから、中級者が行うような少し難しいものなどがあるようです。私は主に骨盤周りや背中、腹筋やおしりの筋肉を引き締める体幹トレーニングをしています。

私がよく見ているYouTubeの体幹トレーニングは、「B-life」のMariko先生という方が行うものです。おそらく「体幹トレーニング」で検索すると、動画ではすぐにヒットします。女性なのでとても親近感もありますし、教え方も丁寧で分かりやすいです。

まずはMariko先生の「骨盤を整えるヨガ、ストレッチ」から開始し、骨盤を整えてから、ちょっと苦しい「体幹トレーニング」に移るようにしています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。