ドラクエ11ネタバレ|主婦がはじめてドラクエをプレイ!

アクション系やパズル系はさまざまなゲームをやってきましたが、RPG系はポケモンしかやったことのなかった私。

ドラクエは、幼いころファミコンでやって、主人公の名前を父親の名前にしていたらあっさり「たろう(仮名)はしんだ」とでて、棺桶に入った父親の姿にショックを受けやめてしまって以降、新作が出ても完全スルー。いままでやったことがなかったのです。

友人が口を開けば「ドラクエはいいぞ」しか言わなくなり、そこまで言うなら…と今回、最新作のドラクエ11を購入。やってみました。以下ポケモンと比較しつつ感想。

16歳の少年に重すぎる展開

ドラクエをはじめて数分「グラフィックきれいだな~」とのんきにプレイしていた私を最初に襲った衝撃が「16歳になったから、あんたはこの村からでていけ」という、唐突すぎるミッションでした。

正確には「実はあなたここの子じゃないから、本当に産まれたところに行ってみてね」という程度なのですが、あまりの唐突さと有無を言わせぬ出ていけムードにひたすらびっくり。

そもそも「あなたうちの子じゃないの」というカミングアウトだけでも子供にとったら相当な衝撃なのに、加えて「だから本当に産まれたところ行ってね、明日には行ってね」ってひどすぎやしませんか…?

お母さん、この子のこと好きじゃなかったの?無理して育てていたの?養育費ぶん取って来いってこと?と不安になる冒頭でした。

主人公も「いや、おれ16歳になったら免許取ろうと思ってたんだけど…」とか「いきなりそんなこと言われても心の準備ができてない!」と反論すればいいのに「うん、わかった」とあっさり村をでる。(基本的に主人公は素直すぎる)

しかも出た先に待ち受けていたのはひどい仕打ち。さらに命からがらもどってきた村は、襲われぼろぼろ、親も幼馴染もいない。なんだこの辛すぎる展開……。

ポケモン世界でも旅ははじまりますが、ポケモン世界では10歳になれば自分の意思でポケモントレーナーになってでていきます。だれかに強いられて出て行くなんてことはありませんし、その旅立ちは夢と希望に満ちたもの。

決して「帰ってきたら生まれ故郷が焼き尽くされている」なんてシビアな展開はありません。おなじCERO A(全年齢対象)のゲームのくせになんだこの展開の差は、と冒頭2時間程度で打ちひしがれ、軽く絶望したのでした。

ゲームシステムがつらい

自由にセーブができない

さて、なんやかんやでイケメンの相棒(カミュ)と旅することになり、まぁイケメンといっしょなら…とプレイを続けていたわけですが、ことあるごとにゲームシステムが不自由に挫折しかけました。

一番不自由なのはセーブが好きなタイミングでできないということ。ポケモン世界ではレポートというシステムで、好きなタイミングでセーブができていました。たとえばラスボスの数歩手前でセーブとか。

負けてもリセットしてまたすぐ再戦ができ、これが当たり前として育ってきた私にとって、ドラクエのセーブポイントシステムはなかなかつらかった。

キャンプをさがしてうろうろし、町に入ればまっさきに教会へ。セーブをとるためだけのルーラってなんだか不毛…。いつかきっとシスターや祭祀が仲間になって、その場でセーブができるようになるんだわと、夢見ながら旅を続けましたが、ついぞそんな仲間はできませんでした。

ドラクエだけやってきたひとにとってこれは当たり前のことなのかもしれませんが、いままでポケモンで甘やかされてきた私にとっては、ドラクエのセーブシステムはなかなか厳しいものでした。

全滅するとお金まで取られる

これはポケモンでもそうなのですが、ドラクエでもそうなんですね…全滅すると所持金が半分になってしまうという悲しいシステム…。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。