両実家の近くに住む際の上手な距離の取り方

結婚前後、互いの実家の環境やお人柄、気になりますよね。

結婚されて自分のご実家から離れた方、義理の実家で同居の方、両実家とも遠方で夫婦だけで協力して結婚生活や育児をしている方など、色々な方がいらっしゃると思います。結婚したら旦那さん側のご両親とも家族になるわけですが、女性にとって義理実家との付き合いってなかなか難しいものがありますよね。

子供が生まれたら尚更、子育てのことをどこまで共有していいかわからない…母親になると色々なことにナイーブになるので、出来たらそっとして欲しい等など、人間関係で悩むのは女性側が多いと思います。

私は両実家とも自宅と近いのですが、適度に距離を保ちながら、とりあえず円滑に親戚などの集まりや日常を過ごしています。私自身割り切った経験もありますが、両親、義理の両親も割り切ってくれているところもあると思います。

結婚9年、とりあえずそんな感じで続いている両実家との付き合いについて書いていきたいと思います。

結婚する前の顔合わせ

結婚前の顔合わせ。誰しもが経験しますよね。もちろん私も経験しました。

25年近く実家住まいのまだまだ何も出来ない小娘、礼儀もなにもそこそこに、素直に突撃しました。主人が3人兄弟の末っ子ということで、義理の両親も私の両親より10歳近く年上でしたが、とてもおおらかな義理両親でした。

おしゃべりもよくしてくれたので、ホッと帰宅できたことを覚えています。手作りの御飯を振舞っていただきましたが、緊張している私、喉を通らず…。でもそんなことを嫌な顔することなく受け入れてもらったことも、私にとってはとても過ごしやすかったです。

主人の方も実家に顔合わせにきましたが、口下手な私の父、とりあえずよろしくということで、すんなり終了…主人もそれほど喋る方ではなかったので、助かったようです。

というわけで、お互いに両親に不安を感じることなく結婚したのですが、両方の実家が近いと、なんという贅沢と思われがちですが、色々迷ったり悩んだりすることもあります。実際に私が経験したことや、日々気をつけていることを書いていきたいと思います。

大型休みにおける帰省の際の悩み

両実家が近いと、帰省…というものはありません。その代わり、主人の兄弟や私の兄弟が帰省してくるので、顔出しだけはさせてもらいます。その際、出来るだけ日にちをずらしてもらうようにはしていますが、どうしても重なってしまうこともありますよね。

そんな時は、出来るだけ平等に顔を出すようにしています。「実家の方がゆっくりできるから来なくてもいいよ。」と言われますが、ここはやっぱり兄弟も多い主人側のそれぞれの帰省に合わせて必ず顔を出すようにしています。

嫁という立場であり、主人は末っ子なので、子供同士が遊べるようになってからは夕飯の準備や後片付けはで率先してするように心がけています。そういう事をさせてくれることで、私も家族の1員にさせてもらっていると感じるので、色々させてもらえることに感謝しています。

なにせ最初は冷蔵庫を開けることすらとんでもなく難易度が高いものですから…。

一方、私の実家でも、甘える訳には行きません。私の兄が帰省するときは、私の方がやはり気を遣います。遠くからの帰省ということもあり、ゆっくりしてもらいたいので、なるべく夕飯の準備も後片付けも手が空いたらするようにしています。また我が子と姪っ子の面倒も同時に見たりと、普段より少し忙しくなるのが大型休みにおける帰省の時の現状です。

実家が近いからといって甘えすぎは禁物

「実家が近いと便利でいいねー」とよく言われます。確かに私自身が病気をしたり、子供1人だけを病院に連れて行きたい時、見ててもらえるとすごく助かります。だからといって、買い物に行きたいから、遊びに行きたいからという理由で子供を預けるという事は避けています。

子供2人を見るのは、アラサーの私でもイライラ、汗だくなので、60代の両親がそれをするとなると…考えただけでしんどいはずです。かと言って、こんなに近くにいるのに私が気を遣った事で、孫が病気をしたり怪我をしたら心が痛いから…と両親も言ってくれるので、病院等元気なら連れて行かないほうがいいと思われる場所等に出向かなくてはならない時だけという事なら、甘えさせて貰っています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。