授乳問題!悩みすぎずに授乳期間を楽しもう!

「完全母乳?それともミルクと混合?」出産して1年くらいは何かとこんな質問を受けます。

独身時代はそんな言葉さえも知らなかった私ですが、子供を出産してからまずぶち当たったのがこの授乳問題。

「母乳ってすぐに出るもんじゃないの?」
「なんで上手に飲めないの?全然飲めてないじゃない!」

入院中から完全にこの負のループにはまってしまって、退院してからもしばらく私を苦しめた授乳問題。上手く解決したのは産後3ヶ月程たった頃。そんな私のてんやわんやな授乳問題が解決するまでのエピソードについて書いていきたいと思います。

私の出産は帝王切開

私の出産は13時間の陣痛の末、胎児の頭とへその緒が一緒に子宮口に入り、胎児に酸素が十分に運ばれなくなってしまったことによる心拍低下による緊急帝王切開でした。普通分娩できると思っていた私。

まさかの帝王切開に心はついて行かずでしたが、赤ちゃんの命を救うため、陣痛と陣痛の間にオペ室まで走って移動しました。

異常にすぐに気づいてもらい、何とか母子ともに元気で出産を終えたものの、色々なショックでしばらく呆然としていた私。そして傷も癒えぬまま始まったのが「授乳」。

とにかく我が子に母乳を飲ませられる喜びを早くも感じていた私ですが、お腹の傷も痛いし、子供の顔を見ながら授乳することで一気に眼精疲労が…。首も痛いし、体はバッキバキ。肝心の我が子は吸い疲れて寝てるし!

足をこちょこちょすると少し起きるもまたすぐにすやすや…。とりあえずどのくらい飲んだか計測すると「2ml…」。こんなに疲れ果てて40分近く粘って授乳したのに2mlって。産まれたての新生児は大体1回20mlから30ml程飲んで、退院には40ml程飲めるようになっています。

授乳回数は頻回ですが、疲れている時は助産師さんが代わりにミルクをあげてくれたり、母乳を絞って保管しておいたものを飲ませてくれたりと、母体の休息を優先してくれたりもします。でも私の場合、帝王切開だったから、授乳だけは頑張りたいという気持ちが強く、無理に頑張っていたこともあり、色々精神的に自分を追い詰めていった入院生活でした。

退院してからは過酷な授乳

退院して床上げまでは実家でお世話になりました。

とにかく初乳には栄養や免疫がたくさん含まれているので、たくさん飲ませるほうが良いと指導を受けていたので、私の仕事は授乳、おむつ、授乳、おむつ、後はとにかく休息。授乳は吸う力も弱い小さな新生児が相手で私も新人。

とにかくコツというコツもわからない。母乳がよく出る食事や飲み物をネットで調べ、またどうしたらたくさん母乳が分泌されるのかも検索。今から考えたら適当にしておけばいいのに…という感じですが、当時は母乳だけではギャン泣きする我が子にミルクを作る時、涙を流していた自分がいました。

「自然分娩もできなかったし、母乳も満足に出なくてミルクなんてなんか悲しい…」

ミルクが良くないと思っていたわけでもないのに、何も満足にできていないと、情けないような気がしていたのですね。母乳だけで我が子のお腹を満たす事が出来ないという気持ちが先に立ち、もっと大切な事が抜け落ちていたように思います。

さて、母乳がよく出る食事や飲み物について検索した…と先述しましたが、私が試したもので、その後の授乳生活でずっとお世話になっていたのが、「たんぽぽコーヒー」です。あまりに有名かもしれませんが、たんぽぽの根っこを焙煎したもので、母乳の質や出を良くするのに効果的な飲み物です。

私はティーライフさんの「ぽぽたん」を愛飲していました。コーヒーといっても風味がそんな感じなだけで、もちろんノンカフェイン。私はコーヒーという感じより、濃いお茶という感じで飲んでいました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。