子どもの小学校通学の安全確保における工夫

我が家の長男は今年2年生になりました。

幼稚園までの親子登園は卒業し、うちの小学校は集団登校でもないので、通学がかなり心配です。
しかも我が家は小学校まで小学2年生の足で20分から30分と、少々遠いので尚更です。

そこで私が出来る範囲でしてきた通学における安全確保について、実践してきたアイデアについて書きたいと思います。お仕事を持たれている方には難しい所もあるかもしれませんが、それでも色々な手立てはあると思うので、目を通していただけたらと思います。

防犯面

小学校に上がると、親の目が行き届かない為、何が起こるかわかりません。特に、小学校までの道のりで、死角になっている所があったりもします。息子の通う小学校では、1年生の始めに集団下校が二週間近くあります。

その時に、死角になるところや交通量が「多い所、工事中のところや廃屋等の危ない所は説明を受けたり保護者が同伴して確認したりするのですが、その二週間が終わると個人個人で登校することになります。

うちは学校から遠い為、配慮があったのか同じマンションの1年生はみんな同じクラスになりました。その為、すぐに仲良くなり、一緒に登校するようになりました。

死角や廃屋付近で怖いのは、やはり誘拐です。集団で登校するのでその点においての朝の心配ありませんが、下校時は習い事があったり学童に行ったりと、みんな時間がまちまちになるので、息子には出来るだけ誰でもいいから一緒に帰ることの出来る近所の子を探して帰ってきなさい。と言っています。

家につくまでは誰と帰ってきたのかはわからないのですが、大抵は近所のお友達と自宅付近まで帰宅しているようです。しかし、最後の道だけ1人だったとか、途中で置いていかれたとかもよくある話で、なるべく1人にならないように心がけてはいるものの、そうはいかないのも現実です。

そんな時、役に立つのは「防犯ブザー」です。男の子なので、最初はいらないかな。と思いましたが、1人で帰宅することも多いので、単純なタイプで1000円程の物を持たせることにしました。

しかし、男の子の習性でしょうか、意味もなく下校中に鳴らしてしまうのです。これが厄介で、息子も例外ではなく自分の意思とは関係なかったようですが、手が引っかかって鳴らしてしまったという事がありました。

それだけならまだ良い方で、転んだ拍子に破損…という事件をもって、息子の防犯ブザー生活は幕を閉じまいた。

「防犯ブザー」に変わって壊れなくて防犯になるものとして、「笛」を持たせている親御さんも多くいます。100均で購入出来ますし、破損する事もほとんどないので我が家も取り入れる予定です。

ただ、紐のついている笛が多いので、ランドセルに付けるにしても紐は少し邪魔ですし、引っ掛けても危ないので、ゴムやビニル製のバネの様に、伸びるような紐にする等の工夫もしてあげた方がいいかと思います。

近頃は巻き取り式のゴムの先に笛がついているおしゃれな物もあり、お子さんと使いやすいものを探されるのもいいかもしれません。

雨の日の通学

雨の日は親として一番心配です。足元は悪いし、傘をさしたら視界が狭くなるし、歩道橋も転げ落ちないか心配です。また、無事に着いたとしても衣服が濡れるている場合もあり、可哀想です。

私は雨の日で一番気がかりなのは、傘です。他人の傘が目や顔に当たったりというもの雨の日の通学を見ているとよくあるようで、息子も経験しています。また、荷物が多いと傘をさしている反対側の手もふさがり非常に危険です。

そこで、まず傘が目や顔に当たらない様にするのは自己防衛が必要だと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。