「ねるねるねるね」などの知育菓子|3歳差の兄妹で年齢差はどうでるか?

最近の知育菓子をご存知でしょうか。

私たちアラサー世代で知育菓子といえば、「ねるねるねるね」とか、水に入れたらサイダーになるソーダ系やコーラ系の粉とか…しかもあまり買い与えてもらった記憶もなく、どちらかと言えばお腹が膨らむお菓子が多かったように思います。

しかし、最近のお菓子売り場の知育菓子はとても充実しています。先日あるスーパーでは「知育菓子コーナー」が設けられていました。しかも「ねるねるねるね」なんて、超がつくほど簡単な部類です。もっともっと難易度が高い知育菓子が山ほど陳列されていました。

価格帯は198円程~250円程。それだけ出せばチョコレートのバラエティーパックも買えちゃうし、うまい棒なんてお腹いっぱい食べられるわ!と思うくらいお菓子にしては高いイメージですが、クオリティーはかなり高いです。

うちの8歳息子と5歳娘。男女の差はもちろん、3歳という年齢の差も日頃からよく感じます。そんな子供達、日頃から工作も料理も大好き…知育菓子、もちろん食いつきますよね。というわけで、今回、1度もしたことのない初めての知育菓子を購入して、2人の様子を観察してみました。

3歳という年齢差や2人の興味等を考慮して、違う知育菓子を購入しましたが、とても楽しかったのでレポートしたいと思います。

クラシエの知育菓子

今回レポートするにあたって2人に選んだのはクラシエの知育菓子です。
【妹の菓子】

【兄の菓子】

妹はいかにも女子が好きそうなデコレーションも楽しめる知育菓子で、兄は色々作れて賑やかな知育菓子をチョイスしました。どちらもそれなりに難しそうで先が思いやられるな…と思いながら購入しました。

ちなみにお菓子のパッケージにありますように、どちらのお菓子も「保存料、合成着色料は0」だそうです。

妹編

娘は5歳ですが、元々器用な方ではありません。娘は本来左利きなのすが、赤ちゃんの時から右利きに矯正したため、細かい作業をする場合、どっちを使っていいのかよくわからなくなるようです。でもとにかく真面目な子なので、一生懸命取り組みました。

こちらは箱の中の全ての材料と、プラスチックトレイです。このトレイをハサミでカットしていきます。

このトレイ、プラスチックで少し切りづらいです。なので私がカットを手伝いました。
次に、指定された粉を決められたトレイに入れ、左下の一番小さなプラスチックトレイで水をすくい入れてかき混ぜます。

普段なら、こぼされるのが嫌でついつい手伝ってしまうのですが、今回は袋の口をカットするのを手伝ったくらいで、粉を容器にいれたり、水を注ぐというのは全部1人でさせました。

こういうことでは小心者の娘、「怖いからママやって~」「80回かき混ぜるとか80まで数えられない~」と途中で言って投げ出しそうになっていました。また、説明書が箱の裏にあるのですが、もちろん読めません。文字は大体読めるのですが、説明の順番が理解できないので、箱の裏の説明を読み解くのは私の仕事でした。

小さな容器の中で力加減に気をつけてかき混ぜるのは難しい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。