楽天モバイルへの乗り換えで携帯料金が減った!

もともとauユーザーだった私と夫。

夫はau時代からスマホを利用していましたが、毎月の使用料は少ない月でも7,000円くらい、かかるときは1万円以上かかっていました。

私もスマホを持ちたかったのですが、在宅ワーカーの主婦ですし、頻繁に外出することもないのでガラケーのままでもいいか、何よりお金がかかるし…と我慢していたのです。

でも、人づきあいをあまりしないとはいえ連絡を取り合う友達はいますし、外出すると「スマホがあればすぐ検索できるのにな」とか、「暇つぶしにスマホがあれば…」と思う機会が増えてきました。

そこで検討したのが、いま流行りの格安スマホです。当時格安スマホに替えたばかりの妹に、いくらくらいかかるのか聞いたところ「毎月2,000円くらいでスマホ持てるよ?」と教えてもらったのです。そんなに安いのならば、と我が家も格安スマホに移ることに決めました。

auから楽天モバイルに乗り換え手続き

楽天モバイルに移行するにあたり、まず当時使っていたauを解約しに行きました。Auはいわゆる「2年しばり」があるので、中途半端な時期に解約すると、解約手数料9,500円が必要になります。我が家は私と夫の2台解約なので、解約するだけで2万円弱のお金がかかることになります。

正直、解約費用がもったいないので、次回の契約更新月まで待とうかとも思いましたが…「たとえ解約費用がかかったとしても、翌月から安いスマホを持てるなら、解約費用分くらい簡単に取り戻せるんじゃない?」と妹に言われ、思い切って解約することに。

実際に、auを使っているころ夫婦合わせて月9,000円~15,000円ほどかかっていたものが、楽天モバイルに替えて月5,000円~7,000円程度になったので、毎月3,000円~5,000円ほど出費をおさえられたことになり、半年ほどで解約手数料分を取り戻せたということになります。

解約手続きはショップでしかできないので、近所のauショップへ行きました。引き止められたら嫌だなぁと思っていたのですが、格安スマホに替えるための解約は結構多いみたいで、理由を話したら「わかりました」とあっさり手続きしてもらえました。

解約するときは、携帯会社にもよると思いますが貯まったポイントをちゃんと消化しておいたほうがいいですよ。我が家もauポイントが5,000ポイント近くたまっていたので、その場で商品に引き換えました。

解約手続きをしてしまうと、ポイントもなくなってしまいあとから手続きができなくなるので注意が必要です。

楽天モバイルは別会社の電話番号でも引き継げる、MNP(ナンバーボータビリティ)サービスを実施しているので、au解約時にMNP転出手続きをしてもらい、MNP予約番号というものを取得しました。

Auの解約が終われば、つぎは楽天モバイルの契約です。

楽天モバイルはインターネットで契約ができ、SIMカードを取り寄せることで、自宅でも開通手続きができるのですが…タイミングによっては開通までのタイムラグが発生するということで、私たちは楽天モバイルの実店舗まで行って手続きすることにしました。

楽天モバイル実店舗での手続き

私たちが行ったのは、大阪大日イオンモール内にある楽天モバイルです。ジョーシンの店舗内にあります。事前に調べたところ、楽天モバイル実店舗は休日かなり混むという情報があったので、私たちは開店とともに行くことにしました。おかげで待ち時間なく対応してもらうことができました。

楽天モバイル契約時は、auで発行してもらったMNP予約番号と、楽天モバイルで使うためのスマホ端末を持って行きます。(スマホ端末は、SIMフリーのものを、事前にヤフオクで購入しておきました。楽天モバイル店頭でも、SIMフリースマホは買えるようです。

楽天モバイルに対応している端末一覧は、楽天モバイル公式サイトに掲載されているので、必ずチェックしてから買うようにしましょう)

女性スタッフがてきぱき対応してくれました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。