会員制リゾートホテル「エクシブ鳥羽&鳴門」!

リゾートトラストが経営する「エクシブ」というリゾートホテルをご存知でしょうか?
オーナーおよびその紹介のひとのみ泊まれる会員制ホテルです。

我が家は祖父が建築業を営んでおり、エクシブ鳥羽を建てる際関わったことがきっかけで、エクシブ鳥羽スイートルームを購入。オーナー権を所有するようになりました。

エクシブのオーナー制度とは?

エクシブのオーナー制度とは、簡単に言うと「一部屋を数人で共同所有するシステム」です。別荘を複数人でシェアするような感覚と思っていただければわかりやすいかと思います。

一部屋を数名で、同額を出し合い購入すると、その部屋の持ち主(オーナー)になることができ、年間最大26泊泊まれる権利を得ます。

オーナー権を所有するために出すお金は、部屋のグレードや、ホテルによって異なります。祖父はスイートルーム(Sタイプ)を二千万円くらいで購入したそうです。

一度購入すると、手放さないかぎりずっと所有権が続き、年間最大26泊が保証されつづけます。お盆や年末年始などは、泊まりたいオーナーが多く希望日がかぶることも多いため、平等に泊まれるように占有日制というものが設けられています。

年に一度送られてくるタイムシェアカレンダーというものに占有できる日が記載されています。

お盆や年末年始、ゴールデンウィークなど、人気の日は毎年占有権がズレていくので、何年かに一度は人気の日であっても予約で苦労せず泊まることができます。(空いている平日や閑散期なら、占有日でなくてもサクサク泊まることができます)

エクシブの料金

最初の数千万円のほか、固定資産税として年間10万円ほどかかるので、「高すぎる!」「余暇のために、そんなにお金はかけられない」と思う方がほとんどではないでしょうか。

私も自分で買うかと聞かれたら絶対買いませんし、そもそも買えるだけのお金がありません。買ってくれた祖父に感謝です。

ただ、私のように親や祖父母からゆずってもらったり、だれかから安く譲渡してもらえるのであれば、エクシブはお得で、持っていて損はない資産だと思います。エクシブ系列は初期費用こそかかりますが、買ってしまえばかなり割安で泊まれるお得ホテルだからです。

宿泊費用は、一室チャージ料という形で、ひとりあたりの価格というものは設定されていません。何人で泊まっても、ルームチャージ料のみで済みますから、大勢で泊まればひとりあたりの単価が安くなります。

スイートルームでも1泊2万円程度、閑散期はもっと安く1万円程度で泊まるれるプランも用意されています。閑散期にお得プランを利用すれば、コース料理を食べたとしても2万円でおつりがくることもしばしば。

オーナーの特権として、付帯施設の利用料無料など、お得なこともたくさんあります。

オーナー権を所有しているホテル以外でも、エクシブ系列のホテルなら同じ条件で泊まることができるので、旅行が好きな方や、品質が保証されたプライベートリゾートを楽しみたいという方にとったら、決して高くはないオーナー権と言えるのではないでしょうか。

我が家はかれこれ20年以上エクシブのオーナー権を所有し、鳥羽をはじめさまざまなエクシブ系列のホテルに泊まってきました。今回は、なかでもおすすめの鳥羽、鳴門をご紹介したいと思います。

子連れや友人同士でも楽しめるエクシブ鳥羽

エクシブ鳥羽は鳥羽駅から車で10分ほどのところにあります。森林に囲まれた自然豊かなホテルで、すぐ横には鳥羽湾が広がっており、美しい景色を眺めることができます。

近所には鳥羽水族館や真珠島、イルカ島、志摩スペイン村パルケーエスパーニャ、合歓(ねむ)の里、戦国時代村などがあり、レジャーも楽しむことができます。

わざわざホテルからでなくても、エクシブ鳥羽内には屋外プール、屋内プール、フィットネス、テニス場、大規模スパ、カラオケ、ラウンジ、ゲームセンターなどさまざまな施設があるので、一日中エクシブ鳥羽内で遊ぶこともできます。

我が家も、行くとたいていホテル内で遊んで、出掛けるとしても近場の鳥羽水族館とパルケーエスパーニャのみ、ということも多いです。

正月は伊勢神宮に行ったりしますが、基本的にはエクシブ鳥羽周辺で遊び、遠出はしません。近所にはコメダや個人経営のちいさなカフェ、道の駅のようなものもあり、おいしい海鮮丼などを食べることもできます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。