東静岡駅南口周辺スポット|グランシップと池田東静岡公園


JR静岡駅より東海道本線で1駅(約3分)の東静岡駅。

ここの駅は1998年にできたそうなのですが、広々としてとても綺麗な駅です。
駅周辺でイベントがあったときなどに大勢の人が来ても狭く感じさせないほどの大きな構内となっており、静岡にしては珍しいオートウォーク(動く歩道)があったりもします。

この東静岡駅周辺は土地区画整理事業が行われており、それを巡って県知事と市長との何やらいざこざがあったとの話も聞きますが、それはさておき、その一環として数年前、東静岡駅南口側に子どもが楽しく遊べる公園――「池田東静岡公園」が整備されたとのこと。

「池田東静岡公園」に行く途中には、「グランシップ」といういろいろなイベントがよく行われる施設もあり、北口側にも楽しそうな公園があるそうなのですが、今回はまず東静岡駅の南口側周辺をご紹介したいと思います。

グランシップ静岡


東静岡駅南口から出て東に行くこと徒歩5分弱、「池田東静岡公園」との間に大きくて立派な建物があります。この建物は静岡県コンベンションアーツセンター(県立複合文化施設)であり、外観が船をイメージしていることから、一般には「グランシップ」の愛称で親しまれています。

この「グランシップ」には大中ホールや静岡芸術劇場、会議室に県立図書館グランシップコーナーなどがあります。ここの大ホールではよく大規模なイベントも行われており、たまに子育てイベントなどが行われることも。

中ホールは残念ながら私はまだ利用したことがないのですが、コンサートホールとなっているようです。

私自身は大ホールでのイベントに参加しに行くくらいでしか利用したことがないため、今回調べるまでは知らなかったのですが、10階に一面がガラス張りとなった展望ロビーがあるそうです。新幹線や電車が走っているところを見下ろすことができたり、晴れているときには富士山も見えるとのこと。

せっかくなので、ちょっと立ち寄ってみるのもありかもしれません。この展望ロビーは10階フロアーが貸し切りのときには入れない場合があるそうで、グランシップのHPで開放日が確認できるので、先にそこで確認していく方が確実です。私も今度グランシップ方面に行くときには一度覗いてみようと思います。

2階には県立図書館コーナーの「えほんのひろば」があり、絵本が約5000冊!も置いてあるとのこと。カーペットに座ってのんびり読める仕様になっているらしいので、子どもと一緒にかなり長い時間をここで過ごすことができそうですね。

東静岡駅とグランシップの間にはかなり大きな広場「グランシップ広場」があり、芝生のある整備された綺麗な場所となっています。季節がよければ、この広場でのんびり過ごしても気持ちがよさそうです。

大ホールで大規模なイベントがあるときは、この広場の一部を利用している場合もあります。

池田東静岡公園


さて、グランシップを通りすぎれば、すぐ目の前が「池田東静岡公園」です。かなり広いグラウンドがあり、グラウンドの向こう側には面白そうな大きな遊具が見えます。

公園がかなり広いため、入り口付近から見ると遊具の大きさはわかりにくいですが、近くで見ると、大中小の様々なすべり台がついていてかなり楽しそうで、子どもだけでなく大人もちょっとテンションが上がってしまいそうです。

本当はこの公園に行った日は、他の用事があって公園まで来たのですが、子どもが目の色を変えて走り出し、しばらく遊具から離れませんでした。

すべり台も、大中小7つのすべり台がついていて、一番大きいローラーのすべり台から、チューブ型のぐるぐるとすべり下りるタイプのすべり台、3つ並んだすべり台など、大人でもちょっと気になる面白そうなすべり台がついていました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。