30代~40代のママ友&子連れでカラオケ!

皆さん、カラオケってお得意ですか?

私は家族で行くのは大好きですが、昔から友達と行くのははっきり言って少し気が引けていました。何故なら、流行りの曲もサビはわかるけど、途中ところどころ分からないところが合ったり、そもそも音程に自信がなかったり…と、その理由は多々あります。

でも、なんだかんだ行くところがなかったり、飲み会の流れでカラオケに!
なんて話、よくありますよね。学生時代は上手く流してきた私ですが、最近ママ友とカラオケに行く機会が増えてきました。

この年齢になると、恥ずかしいとか格好悪いという概念も少々崩れてきて、ましては仲の良いママ友とはいかに楽しく過ごせるかを考えるようになりました。さて、そんなカラオケタイムですが、やっぱり1曲も歌わないというのはノリが悪い感じですよね。私だって少々音痴ですが、一応歌える曲は何曲かあります。

久しぶりのカラオケで緊張することもありますが、30代から40代のお友達といったカラオケでの人気のアーティストや曲をご紹介すると同時に、子連れで行った際に子供も盛り上がるような曲の選曲の仕方について、実体験を元に書いていきたいと思います。

恥ずかしくても大丈夫!まずは無難な歌で攻めましょう!

私たちが最も音楽に興味をもった年頃と言えば、中学~大学の年代でしょうか。

1990年代のちょうどZARDやJUDY&MARY、Mr.children、GLAYや小室ファミリー、安室奈美恵SPEED,PUFFYあたりが一番青春時代に記憶に残っているアーティストです。

SPEEDや、JUDY&MARYの曲は、比較的皆さん1度は耳にしていると思うので、歌えそうな曲をピックアップすると、「わー、懐かしい!」とかなり盛り上がります。
流行りの曲なんて歌えなくてもなんの問題もありません。

積み重ねた年齢分、知っている曲やアーティストも多いのですから、とりあえず無難に皆さんが耳にしたことのある曲を1つでも歌えるようにしましょう。

当時流行ったドラマの主題歌もなかなかの盛り上がり

30代の私たちの見ていたドラマと言えば、「東京ラブストーリー」「ビューティフルライフ」「101回目のプロポーズ」「愛という名のもとに」「あすなろ白書」「ロングバケーション」「ラブジェネレーション」「魔女の条件」等でしょうか。

主題歌もかなりヒットした記憶があります。

東京ラブストーリー…ラブストーリーは突然に
ビューティフルライフ…今夜月の見える丘に
101回目のプロポーズ…SAY YES
愛という名のもとに…悲しみは雪のように
あすなろ白書…TRUE LOVE
ロングバケーション…LA LA LA LOVESONG
ラブジェネレーション…幸せな結末
魔女の条件…First Love

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。