ソワンの効果を検証!使い方にも注目

ソワンを1カ月弱使い続けてみました。鼻の黒ずみや毛穴の開きはどうなったのでしょうか。

まずは、ソワンを使う前を見てみたいと思います。こちらがソワンを使う前の鼻と、毛穴です。

鼻のてっぺんにぽつぽつ黒ずみが見えます。

さらに側面はというと…
明らかに黒ずんで、皮脂が酸化してしまっているのが分かります。

これがソワンを使い続けて1カ月後、どうなったかというと、こちらがアフターの写真です。

毛穴の大きさはだいぶ小さくなっているような感じがしますが、残念ながら毛穴の黒ずみ、ぽつぽつ黒くなっている部分はほぼそのまま、残ってしまっています。ソワンはあまり効かなかったのでしょうか…

ちなみに反対がわの、黒いぽつぽつが少なめのほうはどうなったかというと…
ビフォー

アフター

若干、黒いのがなくなったかな?という程度で、劇的な変化は残念ながらありませんでした。でもどちらの頬も、毛穴の大きさは小さくなっていると感じたので、収れん効果はあるようです。

鼻の黒くなってしまった部分はかなり昔からありますし、頑固で、クレンジングしても洗顔しても全然落ちなかったので、ソワンもちょっとやそっとじゃ効かないのかも知れません。

肌荒れなどは一切起きてないですし、この部分しか塗ってないのでソワンはまだ残っていますから、今後も気長にソワンを使ってみたいと思います。

公式サイトはこちら

ソワンの使用感

ソワンはポンプ式の容器で、4プッシュ空押ししたら、透明の液体がでてきました。さらっとしていますが、水とまではいかない、ゆるめのジェルです。ニオイは出したとき一瞬だけ消毒液っぽいニオイがしました。

これでソワン2プッシュ分の量です。ワンプッシュが結構多めなので、ぬる場所がすくなければワンプッシュだけでじゅうぶんだと思います。ソワンは、手の甲をタテにしても流れて行かないくらい、粘りがあります。

実際に小鼻の黒ずみと、鼻の横の毛穴が気になる部分にソワンを塗ってみました。口コミには「ぴりぴりした」「赤みがでた」というものもあったのでちょっと心配でしたが…

付けてもまったく痛みやひりつき、ぴりぴり感はありませんでした。鼻に近づけるとちょっと消毒液っぽいニオイがしますが、ほとんど気にならない程度で、ぬりひろげるうちにニオイは消えていきました。

ソワン2プッシュぶんで、鼻全体にぬることができました。なめらかで広がりやすいジェルです。でも思っていたほど浸透しないので、指の腹でマッサージするようにぬりこみました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。