子供の肌疾患、アトピー、乾燥、水イボの対策

子供の肌トラブル、何かと気を使いますよね。

アトピーは特にかゆみを伴い、目で見える湿疹や傷が痛々しいです。親としては何とかしてやりたいと思うのですが、なかなかスッキリ完治するものではありません。また大きくなるにつれて徐々にマシになったりするケースもあるので、今気強く付き合っていくしかないとよく言われます。

我が家の8歳の長男、5歳の長女、ともに2歳くらいからアトピーでずっと悩んでいます。特に8歳の長男のアトピーは少しきついので、今回は長男のアトピーエピソードについて書きたいと思います。

処方されたお薬なども出てきますが、あくまで我が家の長男の場合なので、参考までにという程度でお読みください。

長男3歳目前、アトピーと診断

長男が3歳目前の時、ちょうど私のお腹の中には下の子がいました。少し身体が重たくなってきた頃に、長男の肌がカサカサ…。ちょうど冬に差し掛かっていたので、乾燥かな?と思っていたのですが、耳の下の部分もカサカサとひび割れてきて、これはもしや「アトピーでは…」と、信じたくないけれど認めざるを得ないのか…という状況になりました。

酷いときには夜中2時間置きに痒くて目が覚め、爪を立てないようにそっとさすってやるのですが、妊婦の私にはそれがきつく、心が折れそうになりながらさすっていました。

そして私の体調が少し落ち着いた時に小児科で見てもらうことにしました。

アトピーのお薬をいただくと少し改善

アトピーというと、すぐにステロイドを出されるのかなと思っていた私、案の定ステロイド入りの塗り薬を処方されました。抵抗はありましたが、「酷い時にステロイドで早めに酷い状態を脱して、後は徐々に使う頻度を少なくしていけば良い」という医師からの言葉を信じ、しっかり薬を塗ることにしました。その時処方された薬がこちらです。

上が「キンダべート」下が「ベトノバール」というお薬です。どちらもステロイド配合ですが、上の方が若干少ない配合となっているようです。

かゆみが酷く、掻き過ぎて血が出てしまっている時は「ベトノバール」、湿疹ができて痒いだけの時は「キンダベート」というふうに説明をされ、使い分けをしてきました。どちらも長男にはあっていたようで、この塗り薬を塗布してからは、アトピーのかゆみが少しましになり、夜中にさすったり、かゆみで目を覚ますことが少なくなりました。

それほど強いステロイドではないと説明を受けましたが、念のため酷い箇所にベトノバールを2日から3日塗布し、マシになったところでキンダベートを2日程塗り、あとは保湿剤のみを塗布するという流れが定着しました。

保湿剤においては、アズノールというお薬を処方してもらいました。ステロイドではないのですが、塗ると本当にべったりするお薬でした。こちらも長男には何のトラブルもなく肌にあっていたようで、今年の冬までこちらも併用していました。全身に使用できるので、カサカサしたところにすぐに塗り、乾燥は改善されました。

水いぼにもなりました

アトピーが少し落ち着いたかと思うと今度は水いぼになりました。水いぼは「伝染性軟属腫」といい、菌が原因で肌にいぼができる感染症です。肌の防御機能が弱い小さな子供がかかりやすく、肌が触れ合ったり、プール等で感染してしまいます。

長男の場合、アトピーもあったので一気に広がってしまい、しかもかゆみも出てしまいました。最初水いぼの存在を知らなかった私ですが、上半身全体に広がってしまい、皮膚科で治療しました。

水いぼは取っても温存していてもいい

こちらは先生の判断にもよるのですが、水いぼはあってもそれほど害のないもので、しかも菌への免疫が出来たら自然となくなる為、取らずに温存させてもいいという先生がいらっしゃいます。

しかし、プール等で人に感染させてしまうので、うちの幼稚園では取ってくるか、プールに入らないかの2択になります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。